日本刀|十拳|HOME »刀装具・刀装金工一覧 »/鉄地蟷螂の斧透かし »ご注文方法 »店舗案内・地図

刀装具【鐔・縁頭・目貫・小柄】 鉄地蟷螂の斧透かし - Tourou no Ono sukashi Tsuba -

【鉄地龍車蟷螂透かし鐔】日本刀専門店【十拳-TOKKA-】刀装小道具・刀装金工・鐔・縁頭・目貫・小柄

縦/height 8.4cm 横/width 8.4cm 厚み/thickness 0.4cm 重さ/weight 100g 正価/price 売却済-sold-

蟷螂(とうろう)とはカマキリのことである。カマキリは獲物を捕まえるときや威嚇の際、前足を振り上げるが、相手が人間であってもこの姿勢は変わらない。どんなに大きなものにでも立ち向かおうとするのである。「蟷螂の斧」とはこのカマキリの習性より出来た故事成語であり、「力のないものが、強者に立ち向かう」事をいう。否定的にも肯定的にも受け取れる言葉である。それは、無謀で身のほどをわきまえないこと、なのであろうか。昆虫の図柄は古くから画題として描かれている。常に前に向かい引くことがない「トンボ(勝虫)」、自らの死もいとわずに針で相手を攻撃する「蜂」、強いものにも勇気をふるって立ち向かう「カマキリ」、みな武道・武勇を重んじた尚武文である。
本作、源氏車とカマキリに萩の葉が描かれる。所々に用いられた金布目象嵌が彩りを添え、赤坂鐔の蟷螂とは全く雰囲気が異なった、丸みのある彫り込みと立体的な萩の葉が瀟洒な逸品である。

鍔・刀装具 一覧ページに戻る