日本刀|十拳|HOME  »刀装具・刀装金工一覧  »/ 鉄地雷文唐草双龍に宝尽くし図  »ご注文方法 »店舗案内・地図

刀装具【鐔・縁頭・目貫・小柄】  鉄地雷文唐草双龍に宝物図 - Tetsu ji raimon karakusa Soryu Houmotsu -

【鉄地雷文唐草双龍に宝物図鐔】日本刀専門店【十拳-TOKKA-】刀装小道具・刀装金工・鐔・縁頭・目貫・小柄

縦/height 6.7cm 横/width 6.3cm 厚み/thickness 0.4cm 重量/weight 85g 正価/price 売却済-sold-

鉄地を銀象嵌の雷文と唐草文で埋め尽くし、表に双龍、裏には宝物(七宝・巻物・宝珠・丁字・打出の小槌)が金銀布目摺り付け象嵌で描かれ、耳は赤銅覆輪が施される。 何とも異国風の華やかな鐔である。 南蛮鐔とは元々は渡来ものの鐔をさして呼ばれたが、その珍奇さから一時は大流行して、長崎、平戸、博多、京都、会津などを主として各地でも製作されたようである。 そのため、このような異国風の意匠の鐔を総じて南蛮鐔と呼ぶようになっていく。よく目にする南蛮鐔の地鉄は細かな彫刻上の必要性からか粗く硬度の落ちる鉄が多い。 しかし本作は鉄味よく、赤銅の覆輪も珍しい。日本の金工師たちによって模倣され新たな息吹を与えられた一枚なのではないだろうか。

≪ 刀装具 商品一覧のページに戻る ご注文・ご質問はこちらから ≫