日本刀豆知識 何度も曲がる刀、戻る刀

日本刀は折れず曲がらず?

研磨で刀を預かった某研師。
「刀身中央部が曲がっていたのでそれを直し、翌日見ると直したはずがまた曲がっている!」

研磨で刀を預かった某研師。
「物打ち辺りが左に曲がっていたので直したら、はばき近くが右に曲がった。 今度は、はばき近くを直したら、また物打ちが曲がった!」

試し切りが趣味の故某氏。
「刃筋が通らず、うっかり曲げてしまった刀が翌日見ると真っ直ぐに直っていた...」

信じられないような本当の話です。

 日本刀には昔からこの手にまつわる話は多く、不可解と思えるこのような出来事ですが理由はありそうです。
日本刀のあの形は、絶妙なバランスを元に (刃側、むね側、しのぎ側とピンと張りつめた 状態がここで言うバランス)成り立っていますが、それが外的に強い衝撃を受けると、上記のような現象がおきます。
 これを私どもの言葉で「腰が抜けた」と言い、その極端な例なのです。 一度曲がった刀は「曲がり癖」がついて弱くなるというのも、元々のバランスが崩れてしまったためと思われます。 曲がった刀が直るというのは、逆に腰が抜けておらずに自己復元されたものと考えられます。 元に戻ろうとする力が強かったのでしょうが、日本刀の奥深さに感服しますね。

カテゴリー|日本刀豆知識|日本刀についてもっと知りたいAuthor|TOKKA co.,Ltd.

関連商品・関連記事(売却済の商品も参考品として掲載しています)