日本刀豆知識 蔵から刀が出てきたら?

蔵から刀が出てきたらどうしよう

昔は多かったのですが、最近は生ぶ出しも少なく未許可、未登録の刀剣もなくなってきています。 しかし、家の建て替えで屋根裏から出てきた、相続などで整理をしていたら古い刀が見つかったなどという話も少なからず耳にします。

未登録のままで刀を所持していると、銃刀法により処罰されます。
また、錆びている場合は登録証がないと研磨も受け付けてもらえません。

ここでは、発見してから登録までの流れを簡単にお教えします。

  1. 刀剣や火縄銃が発見されたら最寄りの警察署に連絡をします。
    その後、警察署に刀と印鑑を持参して手続きを行います。
    その際「どこから出たか」など質問を受けますので、正直に答えましょう。
  2. 各都道府県により差はありますが、実地検分を行うために刀剣類が発見された場所に、 お巡りさんが「この屋根裏ですね」と確認に伺う場合もあるようです。
  3. 確認が終わると警察署から「発見届け/発見届出済書」が交付され、 管轄の教育委員会で実施している登録審査会の日時と場所を教えてくれます。
  4. 刀剣の登録証はお住まいの都道府県、教育委員会が管理しています。
  5. 警察から教育委員会に通知され、教育委員会より連絡が入ることもありますが、念のため、 管轄の教育委員会に電話をして、刀剣類が見つかり「発見届け」が交付されたことを伝えます。
  6. 係の方が、登録審査会の会場・日時、持参するものを教えてくれます。
  7. 審査会当日、警察から交付された書類、刀剣、他必要と云われたものがあればそれを会場に持参します。
  8. そこで教育委員会から委任を受けている先生方が刀剣を判定し、晴れて登録証を取得出来るわけです。

    判定と書いたのは、一部、明治~昭和初期の鍛えのない刀剣は登録証を取れませんので、そのチェックをされるのです。

    もし鍛えがなかったら・・・残念ながら所持できませんので、破棄せざるを得ません。

また補足ですが、発見届けを出す際に刀剣が出てきたままの状態で警察に見せて下さい。 不用意に自分で砥石に当てたりし、最近手を入れた形跡があると最悪の場合、没収されることがあります。ご注意を。

カテゴリー|日本刀豆知識|日本刀についてもっと知りたいAuthor|TOKKA co.,Ltd.