日本刀|十拳|HOME »刀剣のお手入れ方法

<日本刀 豆知識> 刀剣のお手入れ方法

ここでは簡単に日本刀の手入れ方法をご説明します。

  • 1 拭い紙で棟方から古い油を拭きとる。(刃側からは危険です)
  • 2 打粉で刀身を軽くポンポンと打ち、1.の拭い紙とは別の拭い紙でその白い粉を拭う。
  •   これを2、3回繰り返して油のくもりを完全に取る。
  • 3 刀を鑑賞する。(錆がついて居ないか等よく観察する)
  • 4 鑑賞が済んだら、新たに油を刀身に塗る。
  • 5 柄をはずし、はばき下にも油を塗る。
  • 6 茎は乾いた布で十分に拭い、もし赤錆があるなら薄く油を塗る。
  • 「油」
  • 油は刀を錆びさせないために使用されます。直接、刀身が空気に触れないように油で膜を作り、刀身を錆から守ります。刀剣油または丁子油と呼ばれている刀剣の手入れ用の油を使用します。普段あまり鑑賞をしない方はやや厚めに油を塗ってください。油が薄いと3ヶ月ほどで油が乾燥し、錆の元となります。厚めに塗った場合でも4~6ヶ月もすると油は乾燥してしまいますので、3ヶ月に1度は新しく油を塗ってあげるのが理想的です。
  • 「拭い紙」
  • 古くなった油を拭き取り、打ち粉を拭う為に使われます。しかし、何度も同じ拭い紙を使うよりもその都度、新しいティッシュペーパーを使ったほうが、ヒケ等が入りづらいでしょう。紙の品質が悪かった時代には拭い紙が最良でしたが、現在ではその必要性も薄れています。
  • 「打ち粉」
  • 砥石を粉末状にしたものが詰めてあります。打ち粉の粉に古い油を吸収させることにより、刀身から古い油を拭います。打ち粉を差しすぎると、刃取りがぼやけますので注意が必要です。化粧研ぎの場合、出来れば鎬地と平地に打ち、刃に直接打つのは避けた方がよいでしょう。
  • 刀は錆びてしまうと、研がなければ錆を落とすことは出来ません。
  • 手入れを2~3ヶ月に一度、定期的に行うことにより、刀剣を美しい状態で保つことが出来ます。

*研ぎ上がったばかりの刀は、研磨から3ヶ月の間は、10日に一度はお手入れしてください*

ページの先頭に戻る