日本刀|十拳|HOME » 日本刀 一覧 » / 九州肥後同田貫上野介  » ご注文方法 » 店舗案内・地図

日本刀  ¤  刀  ¤  九州肥後同田貫上野介  ¤  業物  ¤

九州肥後同田貫上野介

Katana/
kyushu Higo Dotanuki Kazusa no suke

長さ / cutting edge
68.5cm
反り / sori
1.8cm
目釘穴 / mekugi
2個
元幅
3.0cm
先幅
2.35cm
元重
0.7cm
時代
室町末~江戸初期 文禄頃(1592年)
period
late muromachi (1592)
肥後(熊本県)
country
higo
刃文
互の目丁子
hamon
gunome choji
地鉄
板目
jigane
itame
帽子
一枚風
boshi
ichimai fu
はばき
金着一重
habaki
gold foil single
外装
上白鞘(田野辺氏鞘書)
mounting
shirasaya
鑑定
(財)日本美術刀剣保存協会 特別保存刀剣鑑定書附
Certificate
[N.B.T.H.K] tokubetsu hozon
正価
売却済
price
Sold

同田貫一派の中で最も有名な上野介。同田貫派の開祖で加藤清正のお抱え鍛冶。清正より一字を授かって正国と改めるが作刀の多くは上野介銘で、また、上野介銘に出来よい作が多い。豪族である菊池一族の末裔で、いわゆる侍鍛冶という生い立ちも興味をそそり、様々な小説にも登場する同田貫は知名度も抜群。無骨で実用一辺倒との偏見もあるが、本刀を見ればその高い技量に噂もかすむ。
本作、大切先が鋭く伸び、身幅尋常で反り格好がよい。練れた板目肌は地景よく入って古刀の風情を残し、互の目丁子刃文は沸が激しく働いて刃縁の砂流しは幾重にも重なる。焼き巾広く、所々に異鉄が交じって同田貫らしい出来映えは独特の雰囲気を醸し出す。帽子は焼き深く一枚風で、地刃共に上野介の典型的な作柄でまったく見飽きない。茎の錆色も良好で、総体的に健全な初代同田貫。業物刀工。研ぎ上がり。特別保存刀剣鑑定書附。
鞘書「時代文禄・慶長頃 姿態・地・刃・共に同派の特色を顕現せる典型作なり」探山鑑并誌了(田野辺氏)

日本刀・同田貫上野介・鞘書 日本刀・同田貫上野介・刀身全体・表 日本刀・同田貫上野介・刀身全体・裏 日本刀・同田貫上野介・茎 日本刀・同田貫上野介・ハバキ 日本刀・同田貫上野介・刀身 日本刀・同田貫上野介・切先 日本刀・同田貫上野介・互の目丁子刃文 日本刀・同田貫上野介・板目肌 日本刀・同田貫上野介・板目肌 日本刀・同田貫上野介・刀身2

日本刀 商品一覧のページに戻る ≫