日本刀|十拳|HOME » 日本刀 一覧 » 過去に掲載された日本刀 » / 肥後守国康(大業物)  » 店舗案内・地図

日本刀  ¤  刀  ¤  肥後守国康(大業物)  ¤  Higo no kami Kuniyasu  ¤

肥後守国康

Katana/
Higo no kami Kuniyasu

長さ / cutting edge
69.9cm
反り / sori
1.0cm
目釘穴 / mekugi
3個
元幅
3.1cm
先幅
2.1cm
元重
0.7cm
時代
江戸初期 寛文頃(1661年)
period
early edo (1661)
摂津(大阪府)
country
settsu
刃文
丁子乱れ
hamon
choji midare
地鉄
小板目
jigane
ko itame
帽子
小丸
boshi
komaru
はばき
金着一重
habaki
gold foil single
外装
黒呂鞘金工拵・白鞘
mounting
koshirae & shirasaya
鑑定
(財)日本美術刀剣保存協会 特別貴重刀剣、刀装具鑑定書
Certificate
[N.B.T.H.K] tokubetsu kicho token & tosogu
正価
売却済
price
sold

摂津、肥後守国康は河内守国助の三男。地刃や茎の形まで国助に大変似ているのはそのため。上作・大業物刀工で、華やかな丁子刃文が大阪物らしい。定寸で寛文新刀特有の浅い反り。丁子刃文は小沸出来で、頭が少し箱がかって長足が無数に入り、地鉄は小板目が詰んで地景も見られる。茎は約2cm磨上ているが、大阪新刀の特徴である焼出しはしっかり残っていて、もちろん銘保証。上品な拵が付き、鍔は鉄地山水図で長州友久銘。縁頭と目貫は赤銅七々子地で、こちらもなかなか立派なもの。傷みもなく、大変飾り映えする。戦後、新宿歌舞伎町にて「光は新宿より」というスローガンで復興に尽力した尾津喜之助が所持していたと思われ、特別貴重刀装具の名義にその名前が入っている。

日本刀・肥後守国康(大業物)・画像・黒呂鞘金工拵 日本刀・肥後守国康(大業物)・画像・柄前 日本刀・肥後守国康(大業物)・画像・刀身全体 日本刀・肥後守国康(大業物)・画像・茎 日本刀・肥後守国康(大業物)・画像・刀身・ハバキ 日本刀・肥後守国康(大業物)・画像・切先 日本刀・肥後守国康(大業物)・画像・小沸出来 日本刀・肥後守国康(大業物)・画像・丁子刃文 日本刀・肥後守国康(大業物)・画像・長足 日本刀・肥後守国康(大業物)・画像・縁頭・目貫・鐔

日本刀・刀剣 一覧のページへ戻る