日本刀|十拳|HOME » 日本刀 一覧 » 脇差 / 芸州住藤原広国作  » ご注文方法 » 店舗案内・地図

日本刀  ¤  脇差  ¤  芸州住藤原広国作(播磨守輝広)  ¤ 

芸州住藤原広国作

Wakizashi /
Geishu ju Fujiwara Hirokuni saku

長さ / cutting edge
39.0cm
反り / sori
1.2cm
目釘穴 / mekugi
1個
元幅
3.05cm
先幅
2.5cm
元重
0.65cm
時代
江戸中期 元禄頃(1688年)
period
mid edo (1688)
安芸(広島県)
country
aki
刃文
互の目
hamon
gunome
地鉄
小板目
jigane
koitame
帽子
乱れ込み
boshi
midarekomi
はばき
銀銅二重
habaki
silver & cupper double
外装
白鞘
mounting
shirasaya
鑑定
(財)日本美術刀剣保存協会 保存刀剣鑑定書附
Certificate
[N.B.T.H.K] hozon
正価
売却済
price
Sold

安芸の広国は播磨守輝広の初期銘。江戸期、安芸で最も有名な輝広は、美濃より移住し幕末まで栄えた名工。広国その六代目で名を平左衛門。元禄六年に播磨守輝広を襲名している。本作は美濃系らしい刃文に特徴があり、小脇差ながら深い反り格好で堂々とした佇まいを見せる。兼房乱れと称される独特の互の目刃文を焼き、銘を見なければ美濃刀のよう。地鉄は詰んだ小板目で地景働いて清涼。帽子は互の目のまま乱れ込んで返り、総体的に研ぎ減りもなく健全。若干の鞘ヒケが見れらるが研磨の必要はない。保存刀剣鑑定書附。

日本刀・画像・芸州住藤原広国作・刀身 日本刀・画像・芸州住藤原広国作・茎 日本刀・画像・芸州住藤原広国作・ハバキ元 日本刀・画像・芸州住藤原広国作・切先 日本刀・画像・芸州住藤原広国作・刃文 日本刀・画像・芸州住藤原広国作・ハバキ元 裏 日本刀・画像・芸州住藤原広国作・切先 裏 日本刀・画像・芸州住藤原広国作・刀身全体 日本刀・画像・芸州住藤原広国作・白鞘

日本刀・刀剣 一覧のページへ戻る