日本刀|十拳|HOME » 日本刀 一覧 » 過去に掲載された日本刀 » / 肥前国佐賀住広貞  » 店舗案内・地図

日本刀  ¤  刀  ¤  肥前国佐賀住広貞  ¤  Hizen koku saga ju Hirosada  ¤

肥前国佐賀住広貞

Katana/
Hizen koku saga ju Hirosada

長さ / cutting edge
67.6cm
反り / sori
2.0cm
目釘穴 / mekugi
1個
元幅
2.9cm
先幅
2.1cm
元重
0.65cm
時代
江戸初期 寛永頃(1624年)
period
early edo (1624)
肥前(佐賀県)
country
hizen
刃文
互の目乱れ
hamon
gunome midare
地鉄
小板目
jigane
koitame
帽子
小丸
boshi
komaru
はばき
金着二重
habaki
gold foil double
外装
黒呂鞘金工拵・白鞘
mounting
koshirae & shirasaya
鑑定
(財)日本美術刀剣保存協会 保存刀剣鑑定書附
Certificate
[N.B.T.H.K] hozon
正価
売却済
price
sold

広貞は初代忠吉の門人であり異母弟。寛永頃の刀工で、忠吉譲りの直刃から乱れ刃までを器用にこなし、明暦二年の八十五歳までを全うする。本作、反り格好のよい鎬造りは手持ち軽く、上手に双樋を掻いて凛としている。地沸のついた小板目肌は良く冴え、刃中明るく小足が働いた互の目乱れ刃文も鮮やか。焼き幅も広く見どころは多い。忠吉とはまた違った雰囲気で、河内大掾正広などに似る。茎は生ぶで錆色も良く、肥前刀らしく太刀銘で切られる。黒呂鞘の拵は縁頭に鹿寿老人図、目貫は鶏図とお目出たい図柄を合わせ、鍔は鉄地お多福形で銘は会津住正阿弥。研ぎ上がり、保存刀剣鑑定書附。

日本刀・肥前国佐賀住広貞・画像・黒呂鞘金工拵 日本刀・肥前国佐賀住広貞・画像・刀身全体 日本刀・肥前国佐賀住広貞・画像・茎 日本刀・肥前国佐賀住広貞・画像・刀身・ハバキ 日本刀・肥前国佐賀住広貞・画像・刀身 日本刀・肥前国佐賀住広貞・画像・切先1 日本刀・肥前国佐賀住広貞・画像・切先2 日本刀・肥前国佐賀住広貞・画像・地鉄 日本刀・肥前国佐賀住広貞・画像・刃文 日本刀・肥前国佐賀住広貞・画像・刀身全体2 日本刀・肥前国佐賀住広貞・画像・柄前 日本刀・肥前国佐賀住広貞・画像・縁頭・目貫・鐔 日本刀・肥前国佐賀住広貞・白鞘・

日本刀・刀剣 一覧のページへ戻る