日本刀|十拳|HOME » 日本刀 一覧 » 過去に掲載された日本刀 » / 肥前国河内大掾藤原正広  » 店舗案内・地図

日本刀  ¤  刀  ¤  肥前国河内大掾藤原正広  ¤  Hizen Masahiro  ¤

肥前国河内大掾藤原正広

Katana/
Hizen koku kawachi daijo fujiwara Masahiro

長さ / cutting edge
69.9cm
反り / sori
1.2cm
目釘穴 / mekugi
1個
元幅
2.9cm
先幅
2.3cm
元重
0.7cm
時代
新刀 江戸初期 寛永頃(1624年)
period
early edo (1624)
肥前(佐賀県)
country
hizen
刃文
互の目丁子
hamon
gunome choji
地鉄
小板目
jigane
ko itame
帽子
乱れ込んで小丸
boshi
midare konde komaru
はばき
金着一重
habaki
gold foil single
外装
上白鞘(短冊入り)
mounting
shirasaya
鑑定
(財)日本美術刀剣保存協会 特別保存刀剣鑑定書附
Certificate
[N.B.T.H.K] tokubetsu hozon
正価
売却済
price
sold

佐賀、鍋島藩主より「正廣」の名を賜り、本家の忠吉一門よりも厚遇だったと言われる初代正廣。初代肥前国忠吉の孫にあたり、腕も確かな上作・業物刀工の一人。近江大掾忠廣の代作も務めたと言う。本作、定寸に綺麗な鳥居反りで、肥前刀らしさが滲み出ている優作。互の目丁子乱れ刃は刃中明るく、肥前の丁子と称される長足が沸深く入って丸々とした刃文を形成。働き盛んで、小沸付き、金筋太く走って傑作。地鉄は所謂“肥前地鉄”と呼ばれる小板目肌で、良好な鉄と安定した技術が見て取れる。茎は生ぶで鑢目も立ち、健全そのもの。太刀銘にて切られた鏨(タガネ)は疑いようがない本歌。正廣の中でも会心の出来映えは、見ていて気持ちがよい。上研磨済み、金着一重はばき付き。特別保存刀剣鑑定書附。

日本刀・肥前国河内大掾藤原正広・画像・刀身全体 日本刀・肥前国河内大掾藤原正広・画像・刀身・はばき 日本刀・肥前国河内大掾藤原正広・画像・刀身1 日本刀・肥前国河内大掾藤原正広・画像・互の目丁子刃文 日本刀・肥前国河内大掾藤原正広・画像・切先 日本刀・肥前国河内大掾藤原正広・画像・茎 日本刀・肥前国河内大掾藤原正広・画像・帽子 日本刀・肥前国河内大掾藤原正広・画像・刃文

日本刀・刀剣 一覧のページへ戻る