日本刀|十拳|HOME » 日本刀 一覧 » 脇差 / 無銘 法華  » ご注文方法 » 店舗案内・地図

日本刀  ¤  脇差  ¤  無銘 法華  ¤ 

無銘 法華

Wakizashi /
Mumei Hokke

長さ / cutting edge
39.4cm
反り / sori
0.7cm
目釘穴 / mekugi
2個
元幅
3.0cm
先幅
2.6cm
元重
0.5cm
時代
古刀 南北朝期頃(約600年前)
period
Nanbokucho (600 years ago)
備後(広島県)
country
bingo
刃文
直刃
hamon
sugu
地鉄
板目
jigane
itame
帽子
小丸
boshi
komaru
はばき
金着一重
habaki
gold foil single
外装
上白鞘
mounting
shirasaya
鑑定
(財)日本美術刀剣保存協会 保存刀剣鑑定書附
Certificate
[N.B.T.H.K] hozon
正価
売却済
price
Sold

備後の国、南北朝期(約600年前)の国分寺助国が法華鍛冶の祖と云われる。法華極めは備前からこの地へ移住したその助国などを指す。本作は南北朝然とした反りのある体配に棒樋と添樋が掻かれ、当時の腰刀と呼ばれる姿。精彩な地鉄が魅力で、板目に大板目が交じって地景働き、長門顕国を思わせる鉄味。大和伝の強い細直刃は破綻なく、総体的に玄人受けする。茎の錆色も良く、樋は掻き通されて仕立ても良好。後世大事にされてきたのが一目で分かる素性の良い一振。保存刀剣鑑定書附。

日本刀・画像・法華・刀身全体 日本刀・画像・法華・茎 日本刀・画像・法華・刀身 日本刀・画像・法華・切先 日本刀・画像・法華・刃文 日本刀・画像・法華・小丸帽子 日本刀・画像・法華・樋 日本刀・画像・法華・切先裏 日本刀・画像・法華・刀身全体2 日本刀・画像・法華・白鞘

日本刀・刀剣 一覧のページへ戻る