日本刀|十拳|HOME » 日本刀 一覧 » 過去に掲載された日本刀 » / 丹後守兼道  » 店舗案内・地図

日本刀  ¤  刀  ¤  丹後守兼道  ¤  Tango no kami Kanemichi  ¤

丹後守兼道

Katana/
Tango no kami Kanemichi

長さ / cutting edge
71.7cm
反り / sori
1.7cm
目釘穴 / mekugi
2個
元幅
3.0cm
先幅
2.0cm
元重
0.7cm
時代
江戸初期 寛文頃(1661年)
period
early edo (1661)
摂津(大阪府)
country
settsu
刃文
互の目乱れ
hamon
gunome midare
地鉄
板目
jigane
itame
帽子
掃掛け
boshi
hakikake
はばき
金着一重
habaki
gold foil single
外装
黒呂鞘金工打刀拵・上白鞘
mounting
koshirae & shirasaya
鑑定
(財)日本美術刀剣保存協会 保存刀剣鑑定書附
Certificate
[N.B.T.H.K] hozon
正価
売却済
price
sold

兼道は京丹波守吉道の次男で上作・業物刀工。師と同様の簾刃はもちろん、作域広い器用な刀工で、本作は派手な互の目乱れ刃文を焼く。焼きの高い刃文は普段見かけないほど小沸厚く沸付いて、長い二重刃が刃中で働く。雄大な高低差を見せる刃文は大変華やかでついつい見入ってしまう。寛文新刀としては反り深く、手持ちの良い体配はどこか山城風。長寸の生ぶ茎に勝手下がりの鑢目が掻かれ堂々とした銘振り。研ぎ上がり、金着はばきに上白鞘が付く。黒呂鞘の打刀拵も状態良く、品の良い黒細糸での柄巻も時代があり貴重。刀身、拵ともに所有欲をそそる。保存刀剣鑑定書附。

日本刀・丹後守兼道・画像・黒呂鞘金工打刀拵 日本刀・丹後守兼道・画像・白鞘 日本刀・丹後守兼道・画像・刀身全体 日本刀・丹後守兼道・画像・茎 日本刀・丹後守兼道・画像・刀身・ハバキ 日本刀・丹後守兼道・画像・刀身 日本刀・丹後守兼道・画像・切先 日本刀・丹後守兼道・画像・帽子 日本刀・丹後守兼道・画像・柄前 日本刀・丹後守兼道・画像・縁頭・目貫

日本刀・刀剣 一覧のページへ戻る