日本刀|十拳|HOME »日本刀 一覧 » / 丹後守兼道  »ご注文方法 »店舗案内・地図

日本刀  ¤ 刀  ¤ 丹後守兼道  ¤ 業物

丹後守兼道

Kanata /  Tango no kami Kanemichi

長さ / cutting edge
79.2cm
反り / sori
1.3cm
目釘穴 / mekugi
2個
元幅
3.05cm
先幅
2.2cm
元重
0.75cm
時代
江戸初期 天和頃(1681年)
period
early edo (1681)
摂津(大阪府)
country
settsu
刃文
互の目乱れ
hamon
gunome midare
地鉄
小板目
jigane
ko-itame
帽子
小丸
boshi
komaru
はばき
金鍍金一重
habaki
gold foil single
外装
古白鞘
mounting
shirasaya
鑑定
日本美術刀剣保存協会 特別保存刀剣鑑定書附
Certificate
[N.B.T.H.K] tokubetsu hozon
正価
1,100,000円
price
1,100,000-JPY

ご注文・ご質問はこちらから ≫

二尺六寸を超える悠々とした姿に、大阪新刀らしい華やかさが一際目を引く長刀。兼道は京丹波守吉道の次男で、寛永二年に丹後守を受領して大阪へ移り大阪三品系の鍛冶として活躍。作柄は大阪吉道に似て、簾刃や焼頭の揃った互の目乱れなどを器用に熟している。本作は二代兼道で名を三品嘉平といい、大阪のほかに江戸や播磨でも鍛刀していた。身幅重ね尋常で、長さのわりに手持ちが良い。独特な互の目乱れ刃文は三連づつ腰を開いて連なり、沸もたっぷりとついて刃中に砂流しが働く。小さめの帽子は焼き深く返り、詰んだ小板目肌は細かな地沸と地景が現れて大阪物らしく清涼。茎は僅かに区が送られるが勝手下がりの鑢目もしっかりと残り、銘も鏨深く錆色も良好。ご承知のようにこの時代80cm近い長さは珍しく、その上疵気のない健全さも貴重。古白鞘入り。特別保存刀剣鑑定書附。

丹後守兼道 刀剣 日本刀の画像1 丹後守兼道 刀剣 日本刀の画像2 丹後守兼道 刀剣 日本刀の画像3 丹後守兼道 刀剣 日本刀の画像4 丹後守兼道 刀剣 日本刀の画像5 丹後守兼道 刀剣 日本刀の画像6 丹後守兼道 刀剣 日本刀の画像7 丹後守兼道 刀剣 日本刀の画像8 丹後守兼道 刀剣 日本刀の画像9 丹後守兼道 刀剣 日本刀の画像10 丹後守兼道 刀剣 日本刀の画像11 丹後守兼道 刀剣 日本刀の画像12 丹後守兼道 刀剣 日本刀の画像13 丹後守兼道 刀剣 日本刀の画像14 丹後守兼道 刀剣 日本刀の画像15 丹後守兼道 刀剣 日本刀の画像16

日本刀 商品一覧のページに戻る ≫