日本刀|十拳|HOME »日本刀 一覧 » 短刀 / 兼道作  »ご注文方法 »店舗案内・地図

日本刀  ¤ 短刀  ¤ 兼道  ¤ 上作

⃞道作(兼道作)

Tanto /  Kanemichi saku

長さ / cutting edge
28.1cm
反り / sori
0.1cm
目釘穴 / mekugi
2個
元幅
2.6cm
先幅
2.15cm
元重
0.5cm
時代
古刀 室町後期 永禄頃(1558年)
period
late muromachi (1558)
美濃(岐阜県)
country
mino
刃文
直刃
hamon
suguha
地鉄
板目
jigane
itame
帽子
小丸
boshi
komaru
はばき
銀着一重
habaki
silver foil single
外装
白鞘
mounting
shirasaya
鑑定
日本美術刀剣保存協会 保存刀剣鑑定書附
Certificate
[N.B.T.H.K] hozon token
正価
500,000円
price
500,000-JPY

ご注文・ご質問はこちらから ≫

三品派の祖と言われる兼道は伊賀守金道、和泉守来金道、丹波守吉道、越中守正俊らの父。志津三郎兼氏の九代孫と切った作刀があると云う。始めは美濃の郡上八幡城下で鍛刀。後に武田信玄のお抱え鍛冶となり、信玄没後に四人の子を連れて上京し西洞院に移住。その息子たちは摂津と山城で絶大な勢力を誇ることとなる。
本作は九寸を超える平造り短刀。古刀らしい練れた地鉄は板目肌がしっかりと現れ、匂口締まった直刃は一切乱れず小丸帽子へと続いている。生ぶ茎ながら兼の字が見えないのは、古刀によくある銘切りのあとに穴を開けたため。ハバキ寄りの穴は拵合わせ用の後穴。檜垣鑢目もしっかり残り錆色も良い。凝った拵は落ち着いた焦茶色の二分刻みの鞘に、細かく刻んだ柄前は出し目貫で仕立てる。鐔は素銅地赤銅覆輪の富貴寄せ図、目貫は龍に枝梅の臥龍梅図、小柄は赤銅七々子地七夕図。鞘の栗型近くには梅花を蒔絵し演出も細かい。保存刀剣鑑定書附。

兼道 刀剣 日本刀の画像1 兼道 刀剣 日本刀の画像2 兼道 刀剣 日本刀の画像3 兼道 刀剣 日本刀の画像4 兼道 刀剣 日本刀の画像5 兼道 刀剣 日本刀の画像6 兼道 刀剣 日本刀の画像7 兼道 刀剣 日本刀の画像8 兼道 刀剣 日本刀の画像9 兼道 刀剣 日本刀の画像10 兼道 刀剣 日本刀の画像11 兼道 刀剣 日本刀の画像1 兼道 刀剣 日本刀の画像12 兼道 刀剣 日本刀の画像13 兼道 刀剣 日本刀の画像14 兼道 刀剣 日本刀の画像15 兼道 刀剣 日本刀の画像16 兼道 刀剣 日本刀の画像17 兼道 刀剣 日本刀の画像18

日本刀 商品一覧のページに戻る ≫