日本刀|十拳|HOME »日本刀 一覧 » / 古銘 兼元作  »ご注文方法 »店舗案内・地図

日本刀  ¤  刀  ¤  古銘 兼元作  ¤ 

古銘 兼元作

Katana / Mei / Komei Kanemoto saku

長さ / cutting edge
68.5cm
反り / sori
1.7cm
目釘穴 / mekugi
4個
元幅
2.95cm
先幅
2.0cm
元重
0.65cm
時代
古刀 室町末期(約420年前)
period
late muromachi(420 years ago)
美濃(岐阜県)
country
mino
刃文
三本杉
hamon
sanbonsugi
地鉄
板目
jigane
itame
帽子
乱れ込み
boshi
midarekomi
はばき
銅一重
habaki
cupper single
外装
変り塗り鞘金工拵・古白鞘
mounting
koshirae & shirasaya
鑑定
日本美術刀剣保存協会 保存刀剣鑑定書附
Certificate
[N.B.T.H.K] hozon
正価
売却済
price
Sold

ご注文・ご質問はこちらから ≫

室町後期の美濃刀を代表する兼元。その卓越した斬れ味は全国に知れ渡り、数ある刀の中でも知名度は抜群。最上大業物として有名な孫六兼元を筆頭に、江戸時代まで代を重ねている。本作は室町末期の兼元で、磨上ながらも元の兼元銘を切り付けた貴重な一振。若い兼元は匂口締まって技巧的だが、本刀のように互の目が揃わず、沸がたっぷりとついた三本杉刃文が古刀のそれ。刃縁には大きな粒の沸が砂流し状に働き、よく見る刃文の駆け出しもない。練れた板目肌は地景入って見所多く、帽子は乱れ込んで返っている。付属の拵は時代感のある立派なもので、銀地肥後の縁頭が目を引く。黒地に少し青貝を散らし、朱色で松葉を落としたように模様付けした鞘も珍しく、拵すべてが時代のまま。塗りの剥落など傷みも見受けられるが、200年以上経過した生ぶ拵としては十分立派。研ぎ上がり、古白鞘入り。

日本刀・画像・古銘 兼元作・金工拵 日本刀・画像・古銘 兼元作・刀身 日本刀・画像・古銘 兼元作・茎 日本刀・画像・古銘 兼元作・はばき元 表 日本刀・画像・古銘 兼元作・はばき元 裏 日本刀・画像・古銘 兼元作・刀身中央 表 日本刀・画像・古銘 兼元作・刀身中央 裏 日本刀・画像・古銘 兼元作・切先 表 日本刀・画像・古銘 兼元作・切先 裏 日本刀・画像・古銘 兼元作・三本杉刃文 日本刀・画像・古銘 兼元作・板目肌 日本刀・画像・古銘 兼元作・刀身全体 日本刀・画像・古銘 兼元作・白鞘 日本刀・画像・古銘 兼元作・柄前 日本刀・画像・古銘 兼元作・刀装具 日本刀・画像・古銘 兼元作・変わり塗り鞘

日本刀 商品一覧のページに戻る ≫