日本刀|十拳|HOME »日本刀 一覧 » 脇差 / 兼元  »ご注文方法 »店舗案内・地図

日本刀 ¤  脇差  ¤  兼元  ¤ 

兼元

Wakizashi / Kanemoto

長さ / cutting edge
34.2cm
反り / sori
0.5cm
目釘穴 / mekugi
1個
元幅
2.6cm
先幅
2.1cm
元重
0.6cm
時代
江戸後期頃(約200年前)
period
late edo (200years ago)
美濃(岐阜県)
country
mino
刃文
三本杉
hamon
sanbonsugi
地鉄
板目
jigane
itame
帽子
掃掛けて小丸
boshi
hakikake komaru
はばき
銀無垢二重
habaki
solid silver double
外装
白鞘
mounting
shirasaya
鑑定
日本美術刀剣保存協会 保存刀剣鑑定書附
Certificate
[N.B.T.H.K] hozon
正価
売却済
price
Sold

ご注文・ご質問はこちらから ≫

美濃刀工を代表する兼元。最も有名な孫六兼元を始め、室町期から現代まで脈々とその伝法を踏襲。その代名詞となる三本杉刃文は全国の刀匠に影響をあたえたと云う。本作は江戸後期の兼元で、身幅尋常な平造りで脇差というよりは寸延び短刀の面持ち。上手に三本杉刃文を焼き、地鉄は板目が練れて古刀期のそれと変わらない。古研ぎで多少ヒケもあるがこのままで十分。保存刀剣鑑定書附。

日本刀・画像・兼元・刀身 日本刀・画像・兼元・茎 日本刀・画像・兼元・はばき元 表 日本刀・画像・兼元・はばき元 裏 日本刀・画像・兼元・切先 表 日本刀・画像・兼元・切先 裏 日本刀・画像・兼元・三本杉刃文 日本刀・画像・兼元・刀身全体 日本刀・画像・兼元・白鞘

日本刀 商品一覧のページに戻る ≫