日本刀|十拳|HOME » 日本刀 一覧 » 過去に掲載された日本刀 » 脇差 / 兼元  » 店舗案内・地図

日本刀  ¤  脇差  ¤  兼元  ¤  Kanemoto  ¤

兼元

Wakizashi/
Kanemoto

長さ / cutting edge
43.5cm
反り / sori
1.0cm
目釘穴 / mekugi
1個
元幅
3.0cm
先幅
2.25cm
元重
0.7cm
時代
江戸初期 寛永頃(1624年)
period
early edo (1624)
美濃(岐阜県)
country
mino
刃文
三本杉
hamon
sanbon sugi
地鉄
板目に杢目
jigane
itame ni mokume
帽子
掃掛け
boshi
hakikake
はばき
金着二重
habaki
gold foil double
外装
上白鞘(本阿弥光遜鞘書)
mounting
shirasaya
鑑定
(財)日本美術刀剣保存協会 保存刀剣鑑定書附
Certificate
[N.B.T.H.K] hozon
正価
売却済
price
sold

斬れ味の鋭さと言えば真っ先に思い浮かべる美濃兼元。特に孫六は周知の通りで、本作兼元は孫六の四代目。時代寛永(1624年)で得意の三本杉刃文を焼き、銘が無くとも兼元と分かる典型作。刃中は砂流し盛んで見応えがあり、板目に杢目が交じった地鉄は地景働き、肌目が古風で一時代古く見える。茎は生ぶで錆色も良く、銘振りも間違いない。表のハバキ上8cm、平地と鎬地に鍛え傷があるため格安。保存刀剣鑑定書附。

日本刀・兼元・画像・本阿弥光遜鞘書 日本刀・兼元・画像・刀身・表 日本刀・兼元・画像・刀身・裏 日本刀・兼元・画像・茎 日本刀・兼元・画像・刀身・ハバキ 日本刀・兼元・画像・切先 日本刀・兼元・画像・地鉄 日本刀・兼元・画像・三本杉刃文

日本刀・刀剣 一覧のページへ戻る