日本刀|十拳|HOME » 日本刀 一覧 » / 太刀拵・無銘 武蔵守兼中  » ご注文方法 » 店舗案内・地図

日本刀  ¤  刀  ¤  太刀拵・無銘 武蔵守兼中  ¤  Tachi goshirae / Mumei kanenaka  ¤

刀/ 無銘 武蔵守兼中

Katana/ Mumei Musashi no kami Kanenaka

長さ / cutting edge
75.1cm
反り / sori
1.7cm
目釘穴 / mekugi
1個
元幅
3.15cm
先幅
2.3cm
元重
0.75cm
時代
江戸初期 寛文頃(1661年)
period
early Edo (1661)
越前(福井県)
country
echizen
刃文
互の目丁子
hamon
gunome choji
地鉄
板目
jigane
itame
帽子
小丸
boshi
komaru
はばき
銀着一重
habaki
silver foil single
外装
太刀拵・白鞘
mounting
tachi goshirae and shirasaya
鑑定
(財)日本美術刀剣保存協会 保存刀剣鑑定書附
Certificate
[N.B.T.H.K] hozon
正価
売却済
price
Sold

木の肌を上手に再現した鞘が目を引き、責金具などは無地の赤銅地を用いて装飾性を抑えた糸巻太刀拵は江戸中期頃の作。大ぶりな武者絵の目貫が際立ち、柄糸や渡巻、錦地も当時のまま残っているのは大変貴重。特に鞘の板目地を漆塗りの技術で表現するなど、当時の創意には目を見張る。刀身は2尺5寸近い立派な体配で、備前祐定を思い起こす綺麗な互の目丁子刃文。匂い出来の乱れ刃は僅かに逆がかり、地鉄は板目肌が練れて地刃共に健全。越前の兼中と極められて時代は寛文頃(1661年)。研ぎ上がり、別途白鞘に納められて他に手を入れる必要はない。貴重な当時の太刀拵はとても飾り映えする。保存刀剣鑑定書附。

日本刀・武蔵守兼中1 日本刀・武蔵守兼中2 日本刀・武蔵守兼中3 日本刀・武蔵守兼中4 日本刀・武蔵守兼中5 日本刀・武蔵守兼中6 日本刀・武蔵守兼中7 日本刀・武蔵守兼中8 日本刀・武蔵守兼中9 日本刀・武蔵守兼中10 日本刀・武蔵守兼中11 日本刀・武蔵守兼中12 日本刀・武蔵守兼中13

日本刀・刀剣 一覧のページへ戻る