日本刀|十拳|HOME » 日本刀 一覧 » 過去に掲載された日本刀 » 脇差 / 陸奥守藤原兼信  » 店舗案内・地図

日本刀  ¤  脇差  ¤  陸奥守藤原兼信  ¤  Chosei Masachika saku  ¤

陸奥守藤原兼信

Wakizashi/
Mutsu no kami fujiwara Kanenobu

長さ / cutting edge
42.9cm
反り / sori
1.0cm
目釘穴 / mekugi
1個
元幅
2.8cm
先幅
2.2cm
元重
0.55cm
時代
新刀 江戸初期 延宝頃(1673年)
period
early edo (1673)
美濃(岐阜県)
country
mino
刃文
三本杉
hamon
sanbon sugi
地鉄
小板目
jigane
ko itame
帽子
小丸
boshi
komaru
はばき
金着二重
habaki
gold foil double
外装
黒呂鞘 藻柄子宗典 弁慶牛若図拵・上白鞘
mounting
koshirae & shirasaya
鑑定
藤代鑑定書
Certificate
Fujisiro
正価
売却済
price
sold

黒々とした赤銅七々子地に、惜しげもなく金高彫を施した武者図。彦根金工師、藻柄子宗典の得意とする図柄で、遠近法を上手に利用した武者図は鎧や刀などを細かく描く事で有名。縁頭・目貫・小柄・笄は赤銅地弁慶牛若図で、大変緻密な造り。鍔は鉄地に金色絵。小柄・笄まで揃った拵は稀で、個別に探されてる方も多いはず。鞘は時代を感じる黒呂色で、細身の姿は古作ならでは。黒糸柄巻に立派な親鮫が巻かれ、金工金具をより引き立てている。陸奥守兼信は、関の有名刀工「兼元」に似た三本杉刃文を焼くことで有名。本作も上手に揃った三本杉が一際目を引き、それを強調するかのような上研磨を施している。焼き幅高く、一部鎬筋近くまで延びて華やかな出来は、刃中砂流しを交えて完成されている。地鉄は小板目が良く詰み、清涼な印象。帽子は乱れ込んで掃掛け、生ぶな形を保っている。刀身、拵と是非現物をご覧頂きたい一振。上研磨済、金着二重はばき、鯉口角とした上白鞘入。藤代鑑定書附。

日本刀・陸奥守藤原兼信・画像・拵 日本刀・陸奥守藤原兼信・画像・刀身全体 日本刀・陸奥守藤原兼信・画像・三本杉刃文 日本刀・陸奥守藤原兼信・画像・柄前 日本刀・陸奥守藤原兼信・画像・小柄・笄 日本刀・陸奥守藤原兼信・画像・縁頭・目貫 日本刀・陸奥守藤原兼信・画像・茎 日本刀・陸奥守藤原兼信・画像・切先 日本刀・陸奥守藤原兼信・画像・三本杉刃文・アップ

日本刀・刀剣 一覧のページへ戻る