日本刀|十拳|HOME » 日本刀 一覧 » / 兼則  » ご注文方法 » 店舗案内・地図

日本刀  ¤  刀  ¤  兼則  ¤  Kanenori  ¤

兼則

Katana / Kanenori

長さ / cutting edge
68.0cm
反り / sori
0.8cm
目釘穴 / mekugi
2個
元幅
3.0cm
先幅
2.1cm
元重
0.75cm
時代
古刀 室町永正頃(1504年)
period
mid muromachi (1504)
美濃(岐阜県)
country
mino
刃文
湾れ互の目
hamon
notare gunome
地鉄
板目
jigane
itame
帽子
掃掛けて小丸
boshi
hakihakete komaru
はばき
銅一重
habaki
copper single
外装
シュロの毛鞘打刀拵
mounting
koshirae
鑑定
(財)日本美術刀剣保存協会 保存刀剣鑑定書附
Certificate
[N.B.T.H.K] hozon
正価
売却済
price
Sold

直江志津の流れを受け、室町から江戸まで代々続く兼則一派。室町後期には加賀や越前へも移住し名声を得ている。本作は永正頃の美濃兼則で、知名度高く作柄も安定している業物刀工。焼き巾高い湾れ互の目刃文は刃中明るく、沸がたっぷりと付いて働きも多い。板目肌には地景多く見られ、小さめの帽子は焼き深く掃掛けて小丸に返る。茎は鷹の羽の鑢目を掻き、銘の特徴から永正の兼則とわかる。時代のある鞘はシュロの毛と青貝を蒔いた貴重なもので、保存状態も大変良好。鐔は鉄地信家在銘、縁頭と目貫は龍図で揃い、柄前は新規に造り直している。白鞘はなし。保存刀剣鑑定書附。

日本刀・画像・兼則・拵 日本刀・画像・兼則・刀身全体・表 日本刀・画像・兼則・茎 日本刀・画像・兼則・元・表 日本刀・画像・兼則・中・表 日本刀・画像・兼則・先・表 日本刀・画像・兼則・地鉄1 日本刀・画像・兼則・地鉄2 日本刀・画像・兼則・刀身・裏 日本刀・画像・兼則・柄 日本刀・画像・兼則・鐔・目貫・縁頭 日本刀・画像・兼則・鞘

日本刀・刀剣 一覧のページへ戻る