日本刀|十拳|HOME » 日本刀 一覧 » 過去に掲載された日本刀 » / 兼貞  » ご注文方法 » 店舗案内・地図

日本刀  ¤  刀  ¤  兼貞  ¤  Kanesada  ¤

兼貞

Katana/
Kanesada

長さ / cutting edge
79.6cm
反り / sori
1.2cm
目釘穴 / mekugi
2個
元幅
3.1cm
先幅
2.2cm
元重
0.6cm
時代
古刀 室町中期 永正頃(1504年)
period
mid muromachi (1504)
美濃(岐阜県)
country
mino
刃文
湾れに丁子
hamon
notare ni choji
地鉄
板目
jigane
itame
帽子
小丸
boshi
komaru
はばき
銀着二重
habaki
silver foil double
外装
陣太刀拵・白鞘
mounting
koshirae & shirasaya
鑑定
(財)日本美術刀剣保存協会 保存刀剣鑑定書附
Certificate
[N.B.T.H.K] hozon
正価
売却済
price
sold

兼貞は同時代の兼元、兼定に次ぐ良工で、美濃蜂屋一派の上作刀工。山城の達磨正光を祖とした山城鍛冶が、後に関に移住し鍛刀。そのためか、出来も山城伝の雰囲気がたっぷりと残った上品な一振。本作、二尺五寸以上の長さに棒樋を掻いた凛々しい姿。身幅、重ねも厚く、古刀としては豪壮な体配を残す。古作な丁子刃文に湾れ交じり、厚い小沸に丁子足細かく働く。板目肌は詰み、焼き幅広い帽子は小丸。太めのタガネで切り付けた銘振りも良く、まったく不安は感じない。豪壮な刀とは裏腹に、付属の太刀拵は細身な造り。所謂「陣太刀」と呼ばれる太刀拵は江戸期の作で、柄糸まで時代のある貴重なもの。茶叩き塗りの鞘は状態良く、一作の足金物から鹿革の太刀緒まで手直しの必要なく、大変飾り映えする。古い柄前には赤銅七々子地雲龍図の縁頭。赤銅獅子図の目貫に、鉄地太刀鍔がつく。現在は古研ぎながら状態は大変良く、研ぎ直しの必要はまったくない。別途白鞘入り。保存刀剣鑑定書附。

日本刀・兼貞・陣太刀拵 日本刀・兼貞・刀身全体 日本刀・兼貞・茎 日本刀・兼貞・刀身・棒樋 日本刀・兼貞・刀身 日本刀・兼貞・切先 日本刀・兼貞・陣太刀拵・柄前 日本刀・兼貞・陣太刀拵・猿手・金具 日本刀・兼貞・陣太刀拵・太刀緒

日本刀・刀剣 一覧のページへ戻る