日本刀|十拳|HOME » 日本刀 一覧 » / 平安城住毛利相模守大江兼寿鍛之  » ご注文方法 » 店舗案内・地図

日本刀  ¤  刀  ¤  平安城住毛利相模守大江兼寿鍛之  ¤  Kanetoshi  ¤

表銘/平安城住毛利相模守大江兼寿鍛之  裏銘/慶応三年二月日

Katana /
Omote/Heianjo ju mori sagami no kami Oe Kanetoshi kitaeru kore : Ura/ Keio 3 nen 2 gatsubi

長さ / cutting edge
75.2cm
反り / sori
1.3cm
目釘穴 / mekugi
2中1埋
元幅
3.25cm
先幅
2.4cm
元重
0.85cm
時代
江戸後期 慶応三年(1867年)
period
rate edo (1867)
美濃(岐阜県)
country
mino
刃文
互の目丁子
hamon
gunome choji
地鉄
小板目
jigane
koitame
帽子
小丸
boshi
komaru
はばき
金着二重
habaki
gold foil double
外装
金梨地獅子牡丹蒔絵金工拵・白鞘
mounting
koshirae and shirasaya
鑑定
(財)日本美術刀剣保存協会 保存刀剣鑑定書附
Certificate
[N.B.T.H.K] hozon
正価
売却済
price
Sold

兼寿(かねとし)は美濃の刀工ながら、主に山城や薩摩で作刀し、特に薩摩の波平行安とは義兄弟の契りを結ぶという。そのためか薩摩拵に入った兼寿の資料もある。また、明治天皇がご愛蔵の兼寿(二尺三寸)を伊勢神宮に奉納されたという史実もあり、一般刀工ながら様々な逸話が残る。
本作、2尺5寸近い長さで長銘に慶応年期入りのガッシリとした造り込み。重ねなどの数値を見れば想像できるが典型的な幕末の豪刀。見事な互の目丁子刃文は沸づき、拳形丁子刃文も交えて備前伝を上手に焼く。焼き巾が高く、鎬地まで届かんばかりの勢いは豪快で、体配と相まって見応え十分。詰んだ小板目肌は疵気もなく、乱れ込んで小丸に返る帽子も健全そのもの。金梨地鞘に獅子牡丹の蒔絵が施された幕末の拵は大変豪華で、柄前は新規に巻かれて総体的に保存状態が良い。白鞘に認められた佐藤寒山鞘書には「長義写し見事なり」との一筆が加えられ、南北朝期、相伝備前の代表工である長船長義の写しと謳っている。保存刀剣鑑定書附。

日本刀・平安城住 毛利相模守 大江兼寿・画像1 日本刀・平安城住 毛利相模守 大江兼寿・画像2 日本刀・平安城住 毛利相模守 大江兼寿・画像3 日本刀・平安城住 毛利相模守 大江兼寿・画像4 日本刀・平安城住 毛利相模守 大江兼寿・画像5 日本刀・平安城住 毛利相模守 大江兼寿・画像6 日本刀・平安城住 毛利相模守 大江兼寿・画像7 日本刀・平安城住 毛利相模守 大江兼寿・画像8 日本刀・平安城住 毛利相模守 大江兼寿・画像9 日本刀・平安城住 毛利相模守 大江兼寿・画像10 日本刀・平安城住 毛利相模守 大江兼寿・画像11 日本刀・平安城住 毛利相模守 大江兼寿・画像12 日本刀・平安城住 毛利相模守 大江兼寿・画像13 日本刀・平安城住 毛利相模守 大江兼寿・画像14 日本刀・平安城住 毛利相模守 大江兼寿・画像15 日本刀・平安城住 毛利相模守 大江兼寿・画像16 日本刀・平安城住 毛利相模守 大江兼寿・画像17 日本刀・平安城住 毛利相模守 大江兼寿・画像18 日本刀・平安城住 毛利相模守 大江兼寿・画像19

日本刀・刀剣 一覧のページへ戻る