日本刀|十拳|HOME » 日本刀 一覧 » / 菊紋)伊賀守藤原金道/日本鍛冶惣匠  » ご注文方法 » 店舗案内・地図

日本刀  ¤  刀  ¤  表/菊紋)伊賀守藤原金道 裏/日本鍛冶惣匠  ¤ 

表/菊紋)伊賀守藤原金道 裏/日本鍛冶惣匠

Katana /
Omote:Kikumon) Iga no kami fujiwara Kinmichi Ura:Nihon kaji sousho

長さ / cutting edge
69.1cm
反り / sori
1.6cm
目釘穴 / mekugi
2個
元幅
3.3cm
先幅
2.6cm
元重
0.7cm
時代
江戸初期 寛文頃(1661年)
period
early edo (1661)
山城(京都)
country
yamashiro
刃文
濤瀾風大互の目乱れ
hamon
toran ogunome midare
地鉄
小板目
jigane
ko itame
帽子
小丸
boshi
komaru
はばき
金着一重
habaki
gold foil single
外装
白鞘
mounting
shirasaya
鑑定
(財)日本美術刀剣保存協会 特別保存刀剣鑑定書附
Certificate
[N.B.T.H.K] tokubetsu hozon
正価
売却済
price
Sold

身幅一寸一分と豪壮で、出来華やかな優刀。山城三品系を代表する伊賀守金道は関ヶ原の合戦後、徳川家康の取次にて日本鍛冶宗匠の勅許を受けて「源・藤原・守・大掾」などの受領名を司った日本刀鍛冶の頭。以後十一代までその任に就く名家で、三代目以降は作刀数も多い。本作は珍しい二代金道で名を三品勘兵衛。この代より日本鍛冶宗匠の銘を添えて菊紋を切り、現存数は少ないながら上手な出来が多い。京焼出しからはじまる刃文は鎬地まで届くほど豪快な濤瀾刃風で、小足や葉がよく入り、小沸づいて大変華やか。地鉄は詰んだ小板目で疵気もなく清涼。茎は錆色良く目釘穴は二つながら当時のままの生ぶ茎。刃区もクッキリと残り、元幅と先幅の差が少ない迫力ある姿。棟には刀を受けた誉れ傷が残りながらも、350年前の鍛刀時と変わらない健全な体配。その出来や保存状態など、普段よく見る金道とは一線を画している。業物刀工。特別保存刀剣鑑定書附。

日本刀・画像・菊紋)伊賀守金道・刀身 日本刀・画像・菊紋)伊賀守金道・茎 表 日本刀・画像・菊紋)伊賀守金道・茎 裏 日本刀・画像・菊紋)伊賀守金道・ハバキ元 日本刀・画像・菊紋)伊賀守金道・刀身2 日本刀・画像・菊紋)伊賀守金道・切先 表 日本刀・画像・菊紋)伊賀守金道・刀身3 日本刀・画像・菊紋)伊賀守金道・切先 裏 日本刀・画像・菊紋)伊賀守金道・地鉄 日本刀・画像・菊紋)伊賀守金道・刃文 日本刀・画像・菊紋)伊賀守金道・濤瀾風 日本刀・画像・菊紋)伊賀守金道・刀身全体2 日本刀・画像・菊紋)伊賀守金道・白鞘

日本刀・刀剣 一覧のページへ戻る