日本刀|十拳|HOME »日本刀 一覧 » 短刀 / 表/備州長船清光 裏/天文十七年八月日  »ご注文方法 »店舗案内・地図

日本刀  ¤ 短刀  ¤ 備州長船清光 天文十七年八月日

表 / 備州長船清光 裏 / 天文十七年八月日

Tanto / 
Omote / Bishu osafune Kiyomitsu
Ura / Tenbun 17 nen 8 gatsubi

長さ / cutting edge
18.6cm
反り / sori
内反り
目釘穴 / mekugi
1個
元幅
2.05cm
先幅
0.65cm
元重
0.7cm
時代
古刀 室町後期 天文17年(1548年)
period
late muromachi (1548)
備前(岡山県)
country
bizen
刃文
直刃
hamon
suguha
地鉄
板目
jigane
itame
帽子
小丸
boshi
komaru
はばき
金着一重
habaki
gold foil single
外装
青貝散らし合口拵・白鞘
mounting
koshirae and shirasaya
鑑定
日本美術刀剣保存協会 保存刀剣鑑定書附
Certificate
[N.B.T.H.K] hozon token
正価
売却済
price
Sold

ご注文・ご質問はこちらから ≫

清光は末備前と呼ばれる戦国時代の備前鍛冶で、他に祐定や勝光など多くの名工を輩出したこの時代は備前鍛冶の絶頂期でもある。清光の初祖は南北朝期と云われるが現存している殆どは永正以降。他の末備前に比べて無骨な印象で質実剛健という言葉がよく似合う。華やかなイメージがある祐定などと違い異彩を放っている。
本作、重ね厚く身幅は抑えて鎧通しのような雰囲気でやや内反りの体配。典型的な清光らしい直刃は小沸が均等に付いて乱れず、帽子は焼き深く小丸に返っている。地景交じった地鉄は詰んだ板目肌で、茎尻が張る見慣れた備前茎には天文年紀が掻かれている。 細身で瀟洒な合口拵は青貝を散らした凝った造り。桜を雲、紅葉を錦に見立てた雲錦模様(うんきんもよう)の金蒔絵が華やかで、目貫は金地巻き龍を当てて引き締めている。保存刀剣鑑定書附。

備州長船清光 刀剣 日本刀の画像1 備州長船清光 刀剣 日本刀の画像2 備州長船清光 刀剣 日本刀の画像3 備州長船清光 刀剣 日本刀の画像4 備州長船清光 刀剣 日本刀の画像5 備州長船清光 刀剣 日本刀の画像6 備州長船清光 刀剣 日本刀の画像7 備州長船清光 刀剣 日本刀の画像8 備州長船清光 刀剣 日本刀の画像9 備州長船清光 刀剣 日本刀の画像10 備州長船清光 刀剣 日本刀の画像11 備州長船清光 刀剣 日本刀の画像12 備州長船清光 刀剣 日本刀の画像13

日本刀 商品一覧のページに戻る ≫