日本刀|十拳|HOME »日本刀 一覧 » / 河内守源国英  »ご注文方法 »店舗案内・地図

日本刀 ¤  刀  ¤  河内守源国英  ¤ 

河内守源国英

katana /
Kawachi no kami Minamoto Kunihide

長さ / cutting edge
69.1cm
反り / sori
1.1cm
目釘穴 / mekugi
1個
元幅
2.9cm
先幅
2.0cm
元重
0.65cm
時代
江戸初期 延宝頃(1673年)
period
early edo (1673)
出雲(島根県)
country
izumo
刃文
互の目乱れ
hamon
gunome midare
地鉄
板目
jigane
itame
帽子
大丸
boshi
oh-maru
はばき
金着一重
habaki
gold foil single
外装
茶笛巻鞘金工拵
mounting
koshirae
鑑定
日本美術刀剣保存協会 保存刀剣鑑定書附
Certificate
[N.B.T.H.K] hozon
正価
売却済
price
sold

ご注文・ご質問はこちらから ≫

古くから良鉄が取れた出雲鍛冶は江戸時代の大明京が有名だが、古刀期の鍛冶は意外に少なく、室町初期に備前鍛冶が僅かに移住している。国英は出雲松江の刀工で時代は延宝頃。生ぶ茎の銘は特徴的で、この異風な文字に関しては古今鍛冶備考にも「銘八分の如く切なり」と記載されて(八分とは隷書のような書体)、確かに味のある鏨使い。湾れに互の目を交えた刃文は高低差があり、刃中には砂流しや葉、金筋など働きが盛ん。地鉄は清涼な板目肌で、総体的に大阪新刀を思わせる出来映え。
洒落た拵は茶に黒い線を一分ごとに刻んで笛巻き鞘風に仕立てた凝ったもの。大きな親鮫に鉄紺糸を巻き、中に見える目貫は金無垢と思える夫婦鶴。銀地一作の縁頭・小尻は竜田川に流れる紅葉で、その川面に浮かぶおぼろ月を表した鍔など。情景が浮かぶ絶妙な組み合わせに見入ってしまう。研ぎ上がり。白鞘なし。保存刀剣鑑定書附。

日本刀・河内守源国英・拵 JAPANESE SWORD by www.tokka.biz 日本刀・河内守源国英・刀身 JAPANESE SWORD by www.tokka.biz 日本刀・河内守源国英・茎 JAPANESE SWORD by www.tokka.biz 日本刀・河内守源国英・ハバキ元 表 JAPANESE SWORD by TOKKA 日本刀・河内守源国英・ハバキ元 裏 JAPANESE SWORD by TOKKA 日本刀・河内守源国英・刀身中央 表 JAPANESE SWORD by TOKKA 日本刀・河内守源国英・刀身中央 裏 JAPANESE SWORD by TOKKA 日本刀・河内守源国英・切先 表 JAPANESE SWORD by TOKKA 日本刀・河内守源国英・切先 裏 JAPANESE SWORD by TOKKA 日本刀・河内守源国英・互の目乱れ JAPANESE SWORD by TOKKA 日本刀・河内守源国英・高低差ある互の目 JAPANESE SWORD by TOKKA 日本刀・河内守源国英・働き盛んな刃文 JAPANESE SWORD by TOKKA 日本刀・河内守源国英・刀身全体 JAPANESE SWORD by TOKKA 日本刀・河内守源国英・柄前 JAPANESE SWORD by TOKKA 日本刀・河内守源国英・縁頭 目貫 鐔 JAPANESE SWORD by TOKKA 日本刀・河内守源国英・笛巻風茶鞘 JAPANESE SWORD by TOKKA

日本刀 商品一覧のページに戻る ≫