日本刀|十拳|HOME » 日本刀 一覧 » 脇差 / 但州出石住法城寺国宗  » ご注文方法 » 店舗案内・地図

日本刀  ¤  脇差  ¤  但州出石住法城寺国宗  ¤ 

但州出石住法城寺国宗

Wakizashi / Tanshu izushi ju Hojoji Kunimune

長さ / cutting edge
38.6cm
反り / sori
0.9cm
目釘穴 / mekugi
2個
元幅
3.35cm
先幅
2.6cm
元重
0.65cm
時代
江戸後期 文化頃(1804年)
period
late edo(1804)
但馬(兵庫県)
country
tajima
刃文
互の目乱れ
hamon
gunome midare
地鉄
板目
jigane
itame
帽子
小丸
boshi
komaru
はばき
銀着一重
habaki
silver foil single
外装
白鞘
mounting
shirasaya
鑑定
(財)日本美術刀剣保存協会 保存刀剣鑑定書附
Certificate
[N.B.T.H.K] hozon
正価
売却済
price
Sold

ご注文・ご質問はこちらから ≫

但馬法城寺は貞宗三哲の一人である国光が開祖と云われ、新刀期には江戸法城寺など名工を輩出している一派。本作は小脇差ながら身幅豪壮で特異な姿を見せる、本国但馬の国宗。互の目乱れ刃文は高低差大きく、厚い沸の中には砂流しや薩摩刀のような太い芋蔓刃などが働き見飽きない。地鉄は板目に大板目肌が表れ、帽子は小丸で返っている。目釘穴は二個開くが生ぶ茎で、短い茎に長銘を切っている。写真ではその体配を伝えきれず、是非現物をご覧頂きたい。保存刀剣鑑定書附。

日本刀・画像・国宗・刀身 表 日本刀・画像・国宗 茎 日本刀・画像・国宗 元 表 日本刀・画像・国宗 元 裏 日本刀・画像・国 切先 表宗 日本刀・画像・国宗 切先 裏 日本刀・画像・国宗 刃文 日本刀・画像・国宗 刀身 裏 日本刀・画像・国宗 白鞘

日本刀 商品一覧のページに戻る ≫