日本刀|十拳|HOME » 日本刀 一覧 » 過去に掲載された日本刀 » 短刀 / 国重  » 店舗案内・地図

日本刀  ¤  短刀  ¤  国重  ¤  Kunishige  ¤

国重

Tanto/
Kunishige

長さ / cutting edge
23.3cm
反り / sori
0.0cm
目釘穴 / mekugi
1個
元幅
2.1cm
先幅
1.7cm
元重
0.6cm
時代
古刀 室町末頃(約400年前)
period
lete muromachi (400 years ago)
不詳
country
unknown
刃文
細直刃
hamon
hoso suguha
地鉄
板目
jigane
itame
帽子
小丸
boshi
komaru
はばき
銀着一重
habaki
silver foil single
外装
総金蒔絵菊図合口拵
mounting
koshirae
正価
売却済
price
sold

小尻をグッと張らした姿に江戸の美意識を感じさせる、総金蒔絵合口短刀拵。よく見る梨地ではなく、印籠などと同じ技法の総金蒔絵は贅沢すぎるほどの仕立てで、短刀掛けに飾ったときは思わず見入ってしまう。金沃懸地に高蒔絵で菊図を数点描き、その間に金梨地で色合い違う菊を描く凝りよう。アクセントとして唐草を細く上品に蒔絵し、驚くことに小さな返り角にまでその蒔絵が施される。通常は出鮫などが多い柄前も、鞘と一体となる同金蒔絵は、外へ持ち出すのではなく、屋敷内で前指しとして指すことを前提としてるのか。大振りな菊図に目を奪われがちだが、細部にまで気を配った作者には感服するばかり。角張った、大きな小尻金具にあえて真鍮地を用いて角を立て、そこから徐々に鞘の丸味へとつながる粋な造り込みは、呆れるほど自然。最後に目釘は銀無垢梅図で、もう一花咲かせている。刀身は平造りで、国重銘が入るが数多く存在する刀工のため、国は不詳。時代は室町末頃に間違い無いものの、裏のはばき近くに二点小さな鍛え疵がある。拵重視の短刀のため、刀身に関しては並のものとお考え頂きたい。上等な蛸足正絹下緒付き。

日本刀・金蒔絵短刀拵・表 日本刀・金蒔絵短刀拵・裏 日本刀・金蒔絵短刀拵・刀身 日本刀・金蒔絵短刀拵・蒔絵部分

日本刀・刀剣 一覧のページへ戻る