日本刀|十拳|HOME »日本刀 一覧 » / 源正雄  »ご注文方法 »店舗案内・地図

日本刀  ¤ 刀  ¤ 源正雄  ¤ 上作  ¤ 新々刀大鑑所載品

表/源正雄作 裏/安政四年六月日

Katana
Omote/ Minamoto Masao saku
Ura/ Ansei 4 nen 6 gatsubi

長さ / cutting edge
69.8cm
反り / sori
2.0cm
目釘穴 / mekugi
1個
元幅
2.75cm
先幅
2.0cm
元重
0.7cm
時代
江戸後期 安政4年(1857年)
period
late edo (1857)
武蔵(東京都)
country
musashi
刃文
丁子乱れ
hamon
choji midare
地鉄
小板目
jigane
koitame
帽子
尖って返る
boshi
togatte kaeru
はばき
銀着一重
habaki
silver foil single
外装
肥後金工拵・白鞘
mounting
koshirae and shirasaya
所載
新々刀大鑑所載品(472頁)
book
shin shin to taikan
鑑定
日本美術刀剣保存協会 特別保存刀剣鑑定書附
Certificate
[N.B.T.H.K] tokubetsu hozon
正価
2,350,000円
price
2,350,000-JPY

ご注文・ご質問はこちらから ≫

清麿の高弟で名高い源正雄。江戸下谷に住み、師に最も近い技量と言われる名工で、覇気ある出来口は人気が高い。嘉永六年の年期入りが現存するため独立はこの頃と思われ、没年不明ながら慶応二年までの作刀が確認される。作刀期間は僅か十余年と短く、鍛冶人生の大半を清麿の元で鍛刀していると思われ現存数も少ない。また、安政五年から約三年間は幕府の招きで函館に赴き、当地の鉄で鍛刀している。呼び名は正雄(まさお)または江戸正雄とし、読みが被る清麿兄を真雄(さねお)または山浦真雄と言い分けている。
本作は二尺三寸の長さに反り深く、やや細身の上品な体配に棒樋を掻いて古刀を思わせる風情。丁子乱れ刃文は繊細な働きを多く見せ、淡い長足と金筋が無数に入って見所たっぷり。応永備前のような匂い出来に所々沸を厚く持たせ、変化に富んだ仕上げはさすが清麿譲り。詰んだ小板目肌は疵気もなく地沸と地景が密に入り、帽子は焼き深く尖って返る。生ぶ茎には正雄の代名詞と言える草書体で銘を切り、函館へ赴く直前の作とわかる。
付属の拵は現代の作ながら、刀装具は渋い時代物を用いた肥後拵。縁頭は典型的な肥後物で、鍔は京金工の千鳥透かし、目貫は華やかな秋草図を出し目貫とし鹿裏皮巻きの柄前で豪華に仕立てている。特別保存刀剣鑑定書附。新々刀大鑑所載(飯村嘉章著 472頁掲載)

源正雄1 JAPANESE SWORD by www.tokka.biz 源正雄2 JAPANESE SWORD by www.tokka.biz 源正雄3 JAPANESE SWORD by www.tokka.biz 源正雄4 JAPANESE SWORD by www.tokka.biz 源正雄5 JAPANESE SWORD by www.tokka.biz 源正雄6 JAPANESE SWORD by www.tokka.biz 源正雄7 JAPANESE SWORD by www.tokka.biz 源正雄8 JAPANESE SWORD by www.tokka.biz 源正雄9 JAPANESE SWORD by www.tokka.biz 源正雄10 JAPANESE SWORD by www.tokka.biz 源正雄11 JAPANESE SWORD by www.tokka.biz 源正雄12 JAPANESE SWORD by www.tokka.biz 源正雄13 JAPANESE SWORD by www.tokka.biz 源正雄14 JAPANESE SWORD by www.tokka.biz 源正雄15 JAPANESE SWORD by www.tokka.biz 源正雄16 JAPANESE SWORD by www.tokka.biz 源正雄17 JAPANESE SWORD by www.tokka.biz 源正雄18 JAPANESE SWORD by www.tokka.biz 源正雄19 JAPANESE SWORD by www.tokka.biz 源正雄20 JAPANESE SWORD by www.tokka.biz
新々刀大鑑(飯村嘉章著)472頁に所載 ↓ (書籍は付随しません)
源正雄21 JAPANESE SWORD by www.tokka.biz

日本刀 商品一覧のページに戻る ≫