日本刀|十拳|HOME »日本刀 一覧 » 脇差 / 金房隼人丞正真  »ご注文方法 »店舗案内・地図

日本刀  ¤ 脇差  ¤ 金房隼人丞正真

金房隼人丞正真

Wakizashi /  Kanabo hayato no jo Masazane

長さ / cutting edge
38.8cm
反り / sori
1.0cm
目釘穴 / mekugi
1個
元幅
3.25cm
先幅
2.7cm
元重
0.65cm
時代
古刀 室町後期 天文頃(1532年)
period
late muromachi (1532)
大和(奈良県)
country
yamato
刃文
互の目乱れ
hamon
gunome midare
地鉄
板目
jigane
itame
帽子
尖って返る
boshi
togatte kaeru
はばき
銅二重
habaki
copper double
外装
古白鞘
mounting
shirasaya
鑑定
日本美術刀剣保存協会 保存刀剣鑑定書附
Certificate
[N.B.T.H.K] hozon token
正価
売却済
price
Sold

ご注文・ご質問はこちらから ≫

金房一派は室町後期から江戸初期に活躍した大和手掻派で、黒田節で有名な大身槍、日本号の作者としても有名。大和鍛冶と言えば直刃基調の出来を想像するが、鎌倉期の大和鍛冶と作風は変わり、美濃伝や相州伝などを取り入れた華やかな作柄も多い。
本作、正真(まさざね)は天文頃の金房鍛冶で、身幅の広い平造りの体配。互の目乱れの刃文は焼き高く、小沸たっぷりとついて金筋が働く。板目肌は詰み、帽子は尖って大きく返っている。生ぶ茎は錆色も良く、小振りでズングリとした形状が特徴的。この時代としてはかなり健全で、古刀ならではの地刃が楽しめる。保存刀剣鑑定書附。

金房隼人丞正真 刀剣 日本刀の画像1 金房隼人丞正真 刀剣 日本刀の画像2 金房隼人丞正真 刀剣 日本刀の画像3 金房隼人丞正真 刀剣 日本刀の画像4 金房隼人丞正真 刀剣 日本刀の画像5 金房隼人丞正真 刀剣 日本刀の画像6 金房隼人丞正真 刀剣 日本刀の画像7 金房隼人丞正真 刀剣 日本刀の画像8 金房隼人丞正真 刀剣 日本刀の画像9 金房隼人丞正真 刀剣 日本刀の画像10 金房隼人丞正真 刀剣 日本刀の画像11

日本刀 商品一覧のページに戻る ≫