日本刀|十拳|HOME » 日本刀 一覧 » 過去に掲載された日本刀 » 脇差 / 源道俊  » 店舗案内・地図

日本刀  ¤  脇差  ¤  源道俊  ¤  Minamoto Michitoshi  ¤

源道俊

Wakizashi/
Minamoto Michitoshi

長さ / cutting edge
35.7cm
反り / sori
0.4cm
目釘穴 / mekugi
1個
元幅
3.4cm
先幅
2.8cm
元重
0.75cm
時代
新々刀 安政頃(1854年)
period
late edo (1854)
武蔵(下谷)・陸奥(盛岡)
country
musashi/mutsu
刃文
蛙子風丁子
hamon
kawazu ko fu choji
地鉄
板目
jigane
itame
帽子
小丸で返り深い
boshi
komaru
はばき
銀一重
habaki
silver single
外装
出目貫合口拵・白鞘
mounting
koshirae & shirasaya
鑑定
(財)日本美術刀剣保存協会 保存刀剣鑑定書附
Certificate
[N.B.T.H.K] hozon
正価
売却済
price
sold

身幅1寸強の豪壮な小脇差は、とにかく見応えがある。平造りの刀身は欠点一つ無く、清涼な地鉄は地景よく付いた板目肌。高低差激しい蛙子風の丁子刃文は働き多く、荒沸、砂流しなどが噴き掛かる華やか極まりないもの。帽子は小丸に返り深く、稲妻も見て取れる上手な出来。百五十年前とはいえ研ぎ減りも皆無で、安心して薦められる一口。「道俊」は通称「蟠竜斎岩野道俊」で奥州盛岡藩工。江戸下谷に於いても作刀し、「於江府東叡山麓」と切ることでも分かるように、東叡山、すなわち上野・寛永寺(下谷)での鍛えも多い。この工、「炭素鉄」と添え銘する刀も多く、現代ならいざ知らず、その先見にはおどろく。附属の出目貫合口拵は、黒石目地鞘に口元三寸を笛巻にし、唐花紋と松皮菱紋を影蒔絵で表す。柄前は黒細糸を平巻し、目貫は金地不動明王で出し目貫とし、全体を地味に品良くまとめている。この拵も江戸末期頃の作で、時代なりの当たりはあるが、刀身と同年代で貴重な一点。迫力ある平造りに華やかな蛙子丁子・・・楽しめるのは間違いない。研ぎ上がり。別途白鞘入り。保存刀剣鑑定書附。

日本刀・源道俊・黒石目地出鮫合口拵 日本刀・源道俊・刀身全体 日本刀・源道俊・茎 日本刀・源道俊・刀身 日本刀・源道俊・蛙子風丁子刃文 日本刀・源道俊・黒細糸平巻柄前・不動明王目貫

日本刀・刀剣 一覧のページへ戻る