日本刀|十拳|HOME »日本刀 一覧 » / 宗重  »ご注文方法 »店舗案内・地図

日本刀  ¤ 刀  ¤ 宗重

宗重

Kanata /  Mumeshige

長さ / cutting edge
66.9cm
反り / sori
1.6cm
目釘穴 / mekugi
1個
元幅
3.1cm
先幅
2.3cm
元重
0.65cm
時代
古刀 室町後期 永正頃(1504年)
period
late muromachi (1504)
安芸(広島県)
country
aki
刃文
直刃
hamon
suguha
地鉄
板目
jigane
itame
帽子
掃掛け
boshi
hakikake
はばき
銀無垢一重
habaki
silver single
外装
黒三分刻み鞘打刀拵・白鞘
mounting
koshairae and shirasaya
鑑定
日本美術刀剣保存協会 保存刀剣鑑定書附
Certificate
[N.B.T.H.K] hozon token
正価
580,000円
price
580,000-JPY

ご注文・ご質問はこちらから ≫

宗重は稀少な安芸国の大山鍛冶で、現在の東広島市大山峠で鍛刀。両隣りの備後鍛冶と周防鍛冶は古くから作刀が盛んだが古刀期の安芸国に於いて刀匠は極僅かで、入西と左文字系の九州鍛冶が来住したと云われている。その中で最も名の知れた宗重は広島県の重要文化財にも指定されている。
本作、身幅尋常で反り格好良く、棟重ねを抑えて手持ちが良い。古刀らしい練れた地鉄は板目肌が顕著で、地景が密について動きがある。また鎬地にもしっかりと板目が表れるなど一時代古く見える。直刃はわずかに小乱れが交じって鼠足多く見られ、帽子も健全で焼き深く掃掛けている。茎は生ぶで錆色古く刃上がりの茎尻。刀身の寸に比べて短めで、目釘穴も小振りなど特徴的。資料的にも貴重な一振で、後世大事にしたい。 付属の拵は傷みなく、鞘は黒塗りの三分刻み。黒糸の柄前も時代物ながらしっかりしている。鍔は鉄地梅木図、縁頭は銀象嵌で桜図、目貫は菊花図で花尽くしとしている。保存刀剣鑑定書附。

宗重 刀剣 日本刀の画像1 宗重 刀剣 日本刀の画像2 宗重 刀剣 日本刀の画像3 宗重 刀剣 日本刀の画像4 宗重 刀剣 日本刀の画像5 宗重 刀剣 日本刀の画像6 宗重 刀剣 日本刀の画像7 宗重 刀剣 日本刀の画像8 宗重 刀剣 日本刀の画像9 宗重 刀剣 日本刀の画像10 宗重 刀剣 日本刀の画像11 宗重 刀剣 日本刀の画像12 宗重 刀剣 日本刀の画像13 宗重 刀剣 日本刀の画像14 宗重 刀剣 日本刀の画像15 宗重 刀剣 日本刀の画像16

日本刀 商品一覧のページに戻る ≫