HOME > 日本刀一覧 > /常陸守宗重作之

日本刀・刀・常陸守宗重作之 - Muneshige - 

銘/常陸守宗重作之 

Wakizashi / Hitachi no kami Muneshige sakukore

長さ
68.5cm
length
反り
1.7cm
sori
目釘穴
1個
mekugi
元幅
3.25cm
先幅
2.35cm
元重
0.75cm
時代
江戸初期 寛文頃(1661年)
period
early edo (1661)
摂津(大阪府)
country
osaka
刃文
直刃
hamon
sugu ha
地鉄
小糠肌
jigane
konuka
帽子
小丸
boshi
komaru
はばき
銀着一重
habaki
silver foil single
外装
茶石目地鞘打刀拵・上白鞘
mounting
koshirae and shirasaya
鑑定
(財)日本美術刀剣保存協会 保存刀剣鑑定書附
Certificate
[N.B.T.H.K] hozon
正価
売却済
price
Sold

常陸守宗重はソボロ助広の門人。生国は播磨で、正宗十哲の一人と云われる金重の末裔。宗重は大坂新刀らしく華やかな互の目乱れを得意とするが、直刃を焼く場合は精彩な地鉄を鍛える。本作、身幅・重ねたっぷりとした造り込みに棒樋を掻き、適度な反り格好は万人受けする。落ち着いた直刃は小沸上品に付き、短い小足を働かせる。特筆すべき小糠肌はまるで肥前刀上作を思わせ、精彩で疵もなく、実に良く詰む。遠目にも地鉄の輝きが分かるほどで、是非手に取って見て頂きたい。茶石目地鞘の打刀拵が付き、状態もよく飾り映えする。保存刀剣鑑定書附。



HOME >
販売品   日本刀刀剣商品一覧刀装具商品一覧日本刀刀剣書籍一覧用ショーケース
ご購入に関して   店舗案内・お問い合せご注文方法For Oversea Customers
十拳おすすめ   刀剣諸工作について日本刀無料カタログ請求日本刀豆知識
エトセトラ   リンク集サイトマップ

ページ上部へ戻る