日本刀|十拳|HOME »日本刀 一覧 » 脇差 / 永貞 慶応元年八月日 於江府精鍛之  »ご注文方法 »店舗案内・地図

日本刀  ¤ 脇差  ¤ 御勝山永貞  ¤ 所載品

表 / 永貞 裏 / 慶応元年八月日 於江府精鍛之

Wakizashi / 
Omote / Nagasada
Ura / Keio 1 nen 8 gatsujitsu Efu ni oite korewo seitan

長さ / cutting edge
37.4cm
反り / sori
0.5cm
目釘穴 / mekugi
1個
元幅
3.15cm
先幅
2.7cm
元重
0.7cm
時代
江戸後期 慶応元年(1865年)
period
late edo (1865)
美濃(岐阜県)
country
mino
刃文
丁子乱れ
hamon
choji midare
地鉄
小板目
jigane
ko-itame
帽子
尖って返る
boshi
togatte kaeru
はばき
金着二重
habaki
gold foil double
外装
白鞘
mounting
shirasaya
鑑定
日本美術刀剣保存協会 特別保存刀剣鑑定書附
Certificate
[N.B.T.H.K] tokubetsu hozon token
所載
三重県刀工・金工銘鑑 所載品
book
recorded in mie-ken toko,kinko meikan
正価
620,000円
price
620,000-JPY

ご注文・ご質問はこちらから ≫

永貞は美濃の生まれで、生地が御勝山の近くにあることから「御勝山麓」などと銘を切り、俗に御勝山永貞と呼称される。紀州徳川家のお抱え鍛冶として紀州に移住し、他に紀州藩の伊勢田丸、松江、江戸青山の下屋敷でも鍛刀。新々刀期の美濃鍛冶では最も名の知れた優工で、そのためか藩士からの注文が多く為打ちの作品が多く残っている。
本作は身幅広い平造りで、先幅もあってガッシリした印象。生ぶ刃が残って研ぎ減りなく至極健全。匂口の深い丁子乱れ刃文は沸づいて丁子足が長く、砂流し掛かって微細な働きが多い。これは永貞が江戸へ来てから見られる刃文で、この時期が最も出来優れたものを残している。地沸がたっぷりと付いた地鉄は大変よく詰んで、刃縁から溢れた沸がはっきりと目視できる。茎は生ぶで慶応元年の年紀が切られ、帰郷前の江戸打ちであることがわかる。写真では写しきれない刃中の繊細な働きは是非現物をご覧頂きたい。特別保存刀剣鑑定書附。三重県刀工・金工銘鑑 所載品(書籍は付随しません)

永貞 刀剣 日本刀の画像1 永貞 刀剣 日本刀の画像2 永貞 刀剣 日本刀の画像3 永貞 刀剣 日本刀の画像4 永貞 刀剣 日本刀の画像5 永貞 刀剣 日本刀の画像6 永貞 刀剣 日本刀の画像7 永貞 刀剣 日本刀の画像8 永貞 刀剣 日本刀の画像9 永貞 刀剣 日本刀の画像10 永貞 刀剣 日本刀の画像11 永貞 刀剣 日本刀の画像12

日本刀 商品一覧のページに戻る ≫