HOME > 日本刀一覧 > 過去に掲載された日本刀 > /摂州住藤原長綱

日本刀・刀・摂州住藤原長綱 - Tsunbo Nagatsuna - 

銘/摂州住藤原長綱 

Katana / Sesshu ju fujiwara Nagatsuna

長さ
70.6cm
length
反り
2.2cm
sori
目釘穴
1個
mekugi
元幅
3.15cm
先幅
2.3cm
元重
0.75cm
時代
江戸初期 寛文頃(1661年)
period
early edo (1661)
摂津(大阪府)
country
settsu
刃文
丁子乱れ
hamon
choji midare hamon
地鉄
小板目
jigane
koitame
帽子
小丸
boshi
komaru
はばき
金着一重
habaki
gold foil single
外装
黒呂鞘金工拵・上白鞘
mounting
kuro-rozaya kinko koshirae and shirasaya
鑑定
(財)日本美術刀剣保存協会 特別保存刀剣鑑定書附
Certificate
[N.B.T.H.K] tokubetsu hozon
正価
売却済
price
Sold

上作・業物刀工の長綱は別名「聾(つんぼ)長綱」と言い近江守忠綱門。大阪、寛文頃の刀工で詰んだ地鉄は美しく、沸がたっぷりとのった刃文はこの時代の特徴。作刀数は他の大阪物に比べると少なめで、数をあまり見ない。本作、出来すこぶる良く、研ぎ減りのない健全な一振。大阪焼出しと言われる直刃で始まる丁子乱れ刃文は焼き高く、長丁子や華麗な砂流しが無数に入って大変華やかな出来映え。刃中も大変明るく、破綻なく帽子まで行き小丸で返っている。小板目肌よく詰み、疵気もなく健全。当時のままの生ぶ茎に長銘で長綱と切る。自身、耳が悪かったため自ら聾と銘切りした刀もある。黒呂鞘打刀拵が付き、鉄地金象嵌の龍虎図鍔に、赤銅七々子地獅子図の縁頭と目貫の柄前が華やか。刀身・拵共に楽しめ、長綱の中でも白眉といえる本作は是非見て頂きたい。上白鞘入り。特別保存刀剣鑑定書附。



HOME >
販売品   日本刀刀剣商品一覧刀装具商品一覧日本刀刀剣書籍一覧用ショーケース
ご購入に関して   店舗案内・お問い合せご注文方法For Oversea Customers
十拳おすすめ   刀剣諸工作について日本刀無料カタログ請求日本刀豆知識
エトセトラ   リンク集サイトマップ

ページ上部へ戻る