日本刀|十拳|HOME »日本刀 一覧 »/ 摂津住藤原長綱  »ご注文方法 »店舗案内・地図

日本刀  ¤  刀  ¤  摂津住藤原長綱  ¤  上作・業物  ¤

摂津住藤原長綱

Katana/
Settsu ju Fujiwara Nagatsuna

長さ / cutting edge
69.8cm
反り / sori
1.8cm
目釘穴 / mekugi
1個
元幅
3.05cm
先幅
2.1cm
元重
0.7cm
時代
江戸初期 寛文頃(1661年)
period
early edo (1661)
摂津(大阪府)
country
settsu
刃文
直刃
hamon
sugu
地鉄
小板目
jigane
ko itame
帽子
小丸
boshi
komaru
はばき
金着二重
habaki
gold foil double
外装
白鞘
mounting
shirasaya
鑑定
(財)日本美術刀剣保存協会 保存刀剣鑑定書附
Certificate
[N.B.T.H.K] hozon
正価
売却済
price
Sold

上作・業物刀工の長綱は別名「聾長綱」と言い近江守忠綱門。自身、耳が悪かったため自ら聾と銘切りした刀もある。作刀数は他の大阪物に比べると少なめで、数をあまり見ない。本作、二尺三寸強の長さに、研ぎ減りの少ない健全な一振。匂口の締まった直刃は小さめの帽子まで破綻なく焼き、小足や二重刃などが繊細に働いている。小板目肌には所々杢目が交じり、全体に詰んで疵気もない。本作は彫りの名人と言われる一竿子忠綱の彫りに極めて近い真の龍が圧巻。程よく鱗が立った龍は玉を追って動きがある。裏には不動明王を表す三鈷剣が彫られ、表裏ともに状態よく残っている。古研ぎながら研磨の必要はない。白鞘入り。保存刀剣鑑定書附。

日本刀・摂津住藤原長綱・刀身 表 日本刀・摂津住藤原長綱・刀身 裏 日本刀・摂津住藤原長綱・茎 日本刀・摂津住藤原長綱・彫物 玉追いの龍 日本刀・摂津住藤原長綱・彫物 三鈷剣 日本刀・摂津住藤原長綱・彫物 宝珠 日本刀・摂津住藤原長綱・刀身中央 日本刀・摂津住藤原長綱・切先 日本刀・摂津住藤原長綱・切先 裏 日本刀・摂津住藤原長綱・直刃・刀身彫物 日本刀・摂津住藤原長綱・地鉄・刀身彫物  日本刀・摂津住藤原長綱・小板目肌 日本刀・摂津住藤原長綱・白鞘

日本刀・刀剣 一覧のページへ戻る