日本刀|十拳|HOME » 日本刀 一覧 » 過去に掲載された日本刀 » / 二王  » 店舗案内・地図

日本刀  ¤  刀  ¤  二王  ¤  Nio  ¤

無銘(二王)

Katana/
Mumei(Nio)

長さ / cutting edge
70.2cm
反り / sori
1.9cm
目釘穴 / mekugi
2中1埋
元幅
2.8cm
先幅
2.0cm
元重
0.6cm
時代
南北朝(約600年前)
period
nanbokucho (600 years ago)
周防(広島県)
country
suo
刃文
細直刃
hamon
hoso suguha
地鉄
板目
jigane
itame
帽子
小丸
boshi
komaru
はばき
金着二重
habaki
gold foil double
外装
上白鞘(田野辺氏鞘書)
mounting
shirasaya
鑑定
(財)日本美術刀剣保存協会 保存刀剣鑑定書附
Certificate
[N.B.T.H.K] hozon
正価
売却済
price
sold

鎌倉期、二王清綱が大和国より移住し、室町末期頃まで繁栄した刀工群を総じて二王と言う。そのため本国大和物を彷彿とさせる出来のものも多く、鎬筋高めで身幅やや細身のものを良くは拝見する。本作その典型的な姿で、鎌倉期の太刀姿を思わせる踏ん張り利いた反り格好に、鎬筋高い凛とした体配。板目肌柔らかく練れて一部柾掛かる。細直刃に小沸付いて、金筋、喰違いなどの細かな働きが多く、ある意味華やかな丁子刃よりも楽しめる。大磨上茎から計算するに、生ぶ姿は二尺五寸程。古い時代の磨上とみて現在の錆色も黒々とし、磨上もまた上手。一見すると鎌倉末頃の太刀に見えるが、無銘ということもあり一時代下げ、南北朝ごろとしておく。刀裏の平地に若干の疲れが見えるが、他は総じて健全。比較的古風な出来の二王鍛冶の中でも、本作のような働き多い作は稀。刀剣保存会の田野辺氏鞘書にも、時代南北朝を下らないとある。研ぎ上がり。田野辺氏鞘書。保存刀剣鑑定書附。

日本刀・二王・画像・白鞘(田野辺氏鞘書) 日本刀・二王・画像・刀身全体 日本刀・二王・画像・茎 日本刀・二王・画像・刀身 日本刀・二王・画像・切先 日本刀・二王・画像・刀身2

日本刀・刀剣 一覧のページへ戻る