" 日本刀・信国(太刀拵入)|日本刀・刀剣販売の十拳

HOME > 日本刀一覧 > 太刀 / 無銘(信国)

日本刀・太刀・無銘(信国)- Nobukuni -

銘/無銘(信国)

Tachi / Mumei (Nobukuni)

長さ
70.7cm
length
反り
3.0cm
sori
目釘穴
2個
mekugi
元幅
2.8cm
先幅
1.8cm
元重
0.65cm
時代
古刀 南北朝後期(約630年前)
period
rate nanbokucho(630 years ago)
山城(京都府)
country
yamashiro
刃文
互の目丁子乱れ
hamon
gunome choji midare
地鉄
板目に杢目
jigane
itame and mokume
帽子
掃掛け
boshi
hakikake
はばき
金着二重
habaki
gold foil double
外装
朱石目地唐草文太刀拵・上白鞘
mounting
red ishimeji karakusa tachi goshirae,shirasaya
鑑定
(財)日本美術刀剣保存協会 特別保存刀剣鑑定書
Certificate
[N.B.T.H.K] tokubetsu hozon
正価
売却済
price
Sold -

山城信国は来一族の系統で、南北朝から室町中期にかけて活躍した名工。特に上手な彫物には定評がある。現存する信国在銘は応永以降(室町期)の作が圧倒的で、南北朝の在銘は短刀に僅かあるのみ。太刀は在銘がなく現存数も少ない。
本作、反り3.0cmもある定寸の太刀で、この時代としては貴重な生ぶの茎。細身の鎬造りで小切先の優美な姿は鎌倉刀を思わせ、太刀表に三鈷剣、裏に不動明王の梵字が彫られ、信国の上手な彫りを堪能できる。刃文は細かく乱れた互の目丁子で、沸がたっぷりと付いて刃中の働きはとても盛ん。地鉄は地景が随所に現れ、板目肌に細かな杢目が交じって古作な雰囲気を醸し出している。長さ2cmという短い小切先は掃掛けて焼き幅は広い。茎は細く絞った茎尻が特徴的で、錆色の良い生ぶ茎。茎から切先まで古刀好きには堪らず、是非一度ご覧頂きたい。
太刀拵は朱石目地に唐草文が一面に描かれ一見派手になりがちだが、経年でちょうど良い時代色をつくって鉄地肥後象嵌の金具と良く合っている。柄には鮫皮ではなく錦が巻かれ、これも当時のまま。黒柄巻と太刀緒のみ近年新調しており、他に手直しの必要はない。研ぎ上がり。特別保存刀剣鑑定書附。



HOME >
販売品   日本刀刀剣商品一覧刀装具商品一覧日本刀刀剣書籍一覧用ショーケース
ご購入に関して   店舗案内・お問い合せご注文方法For Oversea Customers
十拳おすすめ   刀剣諸工作について日本刀無料カタログ請求日本刀豆知識
エトセトラ   リンク集サイトマップ

ページ上部へ戻る