日本刀|十拳|HOME » 日本刀 一覧 » 脇差 / 信国  » ご注文方法 » 店舗案内・地図

日本刀  ¤  脇差  ¤  信国  ¤ 

信国

Wakizashi /
Nobukuni

長さ / cutting edge
52.7cm
反り / sori
1.7cm
目釘穴 / mekugi
2個
元幅
2.7cm
先幅
1.95cm
元重
0.6cm
時代
古刀 室町初期頃(約550年~600年前)
period
early muromachi (about 550years ago)
山城(京都府)
country
yamashiro
刃文
互の目乱れ
hamon
gunome midare
地鉄
板目
jigane
itame
帽子
掃掛けて小丸
boshi
hakikake komaru
はばき
銀着一重
habaki
silver foil single
外装
白鞘
mounting
shirasaya
鑑定
(財)日本美術刀剣保存協会 保存刀剣鑑定書附
Certificate
[N.B.T.H.K] hozon
正価
売却済
price
Sold

山城の信国は南北朝から室町中期にかけて活躍した名工。現存する信国在銘は室町期の作が殆どで、南北朝の在銘は短刀に僅かあるのみ。応永の左衛門尉や式部丞などが有名で、来系とはいえ華やかな作柄が魅力的。 本作は長めの脇差で反りが深く小太刀のような体配。角留の棒樋を掻き、茎反り深い凛とした姿は気持ちが良い。高低差のある互の目乱れ刃文は沸が厚く付き、飛焼きや金筋が絡んで信国らしい。板目肌は僅かに流れごころがあり多少疵気はあるがそれほど目立たず、地刃の印象はとても古雅。帽子は乱れ込み、掃掛けて小丸に返っている。ご覧のように残念なのが茎の朽ち込みで、銘は僅かに見えるだけ。しかしながら銘振りは間違いなく山城信国のそれで、永享(1429)から文明(1469)の作と看る。出来はよいものの欠点もあるため在銘信国としては大変お買い得。研ぎ上がり。保存刀剣鑑定書附。

日本刀・画像・信国・刀身全体 日本刀・画像・信国・刀身 裏 日本刀・画像・信国・茎 日本刀・画像・信国・ハバキ元 日本刀・画像・信国・刀身中央 日本刀・画像・信国・切先 表 日本刀・画像・信国・切先 裏 日本刀・画像・信国・地鉄 日本刀・画像・信国・刃文 日本刀・画像・信国・互の目乱れ刃文 日本刀・画像・信国・白鞘

日本刀・刀剣 一覧のページへ戻る