HOME > 日本刀一覧 > 過去に掲載された日本刀 > 表/大江勝永作 裏/文久二年八月日

日本刀・刀・表/大江勝永作 - Oe Katsunaga - 

銘/ 表/大江勝永作 裏/文久二年八月日

Katana /
Omote/ Oe Katsunaga saku
Ura/ Bunkyu 2 nen 8 gatsujitsu

長さ
69.0cm
length
反り
1.6cm
sori
目釘穴
1個
mekugi
元幅
3.0cm
先幅
2.3cm
元重
0.6cm
時代
江戸後期 文久二年(1862年)
period
late edo (1862)
常陸(茨城県)武蔵(東京都)
country
hitachi and musashi
刃文
皆焼
hamon
hitatsura
地鉄
板目
jigane
itame
帽子
掃掛けて返る
boshi
hakikake
はばき
金着一重
habaki
gold foil single
外装
黒呂鞘金工拵・白鞘
mounting
koshirae.shirasaya
鑑定
(財)日本美術刀剣保存協会 特別保存刀剣鑑定書附
Certificate
[N.B.T.H.K] Tokubetsu hozon
正価
売却済
price
Sold -

茨城県日立市で太平洋を一望出来る高台に、珍しい海防城として築かれた助川城。本作の大江勝永は家臣でありながら刀鍛冶としても探究。本名「寒河江忠左衛門」。水戸藩の内乱に巻き込まれ、元治元年(1864年)幕府追討軍の攻勢により落城。その際、逃亡する家臣が多い中、寒河江忠左衛門(大江勝永)以下二十五名だけが最後まで城中で戦った。本作の鍛刀から2年後の事。師は幕末の名工大慶直胤。
本作、互の目乱れ刃文に棟焼きが入ったように見えるが、それは研磨の刃取りによるもので実際はほぼ皆焼。(刀身写真で平地や鎬地が白っぽく見えている所も刃文)特に物打ち付近の刃文は激しく、長さもあるため迫力満点。刃中には長い金筋や葉、小足や二重刃など見所は尽きない。若干大きめの中切先は掃掛けて返り棟焼きへと繋がる。茎には同時代の拵も貴重で、黒呂鞘に鉄地鍔が付いて縁頭・目貫は赤銅の一級品。傷みも少なく大変飾り映えする。研ぎ上がり、別途白鞘附。特別保存刀剣鑑定書附。
*書籍「助川城炎上す」北川公二郎 著 にも大江勝永(寒河江忠左衛門)に関して記載がある。



HOME >
販売品   日本刀刀剣商品一覧刀装具商品一覧日本刀刀剣書籍一覧用ショーケース
ご購入に関して   店舗案内・お問い合せご注文方法For Oversea Customers
十拳おすすめ   刀剣諸工作について日本刀無料カタログ請求日本刀豆知識
エトセトラ   リンク集サイトマップ

ページ上部へ戻る