日本刀|十拳|HOME » 日本刀 一覧 » 過去に掲載された日本刀 » 脇差 / 尾崎源左衛門正栄  » 店舗案内・地図

日本刀  ¤  脇差  ¤  尾崎源左衛門正栄  ¤  Ozaki genzaemon Masahide  ¤

尾崎源左衛門正栄

Wakizashi/
Ozaki genzaemon Masahide

長さ / cutting edge
44.3cm
反り / sori
1.2cm
目釘穴 / mekugi
1個
元幅
3.8cm
先幅
3.3cm
元重
0.7cm
時代
新々刀 江戸後期 文化頃(1804年)
period
late edo (1804)
摂津(大阪府)
country
settsu
刃文
濤乱刃
hamon
toranba
地鉄
小板目
jigane
ko itame
帽子
小丸
boshi
komaru
はばき
赤銅一重
habaki
shakudo single
外装
古白鞘
mounting
shirasaya
鑑定
(財)日本美術刀剣保存協会 保存刀剣鑑定書附
Certificate
[N.B.T.H.K] hozon
正価
売却済
price
sold

正栄(まさひで)は濤乱刃の第一人者と呼ばれる津田助廣の門人で、尾崎助隆の実兄。荒れ狂う大波を表したというこの刃文は、瞬く間に大阪から全国へと流行。しかしその技は本家大阪には及ばず、今ひとつ完成度の低い物が目立った。上作刀工である尾崎助隆の陰に隠れて、作刀数も少ないと思われる正栄ながら、その出来は目を見張る。濤乱刃の谷間には玉を焼き、沸づいた刃文はあくまでも激しい。詰んだ小板目肌は透き通り、疵気のないすっきりとした出来。玉を持った龍が波際を這うポーズも大変絵になり、鱗の立った彫りは減りも一切ない。驚きを隠せない豪壮な体配は元幅3.8cm。小脇差の寸法で意表を突く8cmの大切先も豪快さに一役買う。異端ながら完成され尽くした感があり、違和感なく楽しめる。研ぎ上がり、白鞘は多少シミあり。保存刀剣鑑定書附。

日本刀・尾崎源左衛門正栄・画像・刀身全体 日本刀・尾崎源左衛門正栄・画像・龍彫物 日本刀・尾崎源左衛門正栄・画像・切先 日本刀・尾崎源左衛門正栄・画像・茎 日本刀・尾崎源左衛門正栄・画像・濤乱刃 日本刀・尾崎源左衛門正栄・画像・刀身 ※下の写真は一般的な脇差(身幅3.0cm)との対比のため二振並べて撮影。 日本刀・尾崎源左衛門正栄・画像・対比

日本刀・刀剣 一覧のページへ戻る