日本刀|十拳|HOME »日本刀 一覧 » / 表/月山貞一作 裏/月山貞勝銘ス  »ご注文方法 »店舗案内・地図

日本刀 ¤  刀  ¤  月山貞一作 月山貞勝銘ス  ¤  上々作  ¤ 

表/月山貞一作 裏/月山貞勝銘ス

Katana /
Omote / Gassan Sadakazu saku
Ura / Gassan Sadakatsu meisu

長さ / cutting edge
69.8cm
反り / sori
1.2cm
目釘穴 / mekugi
1個
元幅
3.3cm
先幅
2.4cm
元重
0.85cm
時代
江戸後期~大正(約130年前)
period
late edo - taisho (130 years ago)
摂津(大阪府)
country
settsu
刃文
直刃
hamon
suguha
地鉄
杉肌肌
jigane
ayasugi-hada
帽子
尖って返る
boshi
togatte kaeru
はばき
銀無垢二重
habaki
silver double
外装
白鞘
mounting
shirasaya
鑑定
日本美術刀剣保存協会 保存刀剣鑑定書附
Certificate
[N.B.T.H.K] hozon
正価
売却済
price
Sold

ご注文・ご質問はこちらから ≫

綾杉肌という比類ない鍛え肌が有名な月山一派は鎌倉時代から続く奥州鍛冶。室町末期に一旦途絶えるも天保四年、月山末裔の貞吉が大阪で鍛刀を始めて現在に至っている。その養子貞一は幕末より作刀を始めて廃刀令という不遇を味わいながらも、明治三十九年帝室技芸員に任命。宮内省御用刀匠となり、皇室や著名人、幾多もの下賜刀を鍛刀し人気実力ともに当時を代表する名匠となった。
本作は二尺三寸の定寸に棒樋を掻き、身幅広くガッシリとして、重ねは9mm近い豪壮な姿。匂い出来の直刃は刃縁肌目に沿って沸づき、乱れや焼き崩れなく筋を通す。目の詰まった綾杉肌はとても繊細で、ともすると嫌みになりがちな個性を上品に洗練された雰囲気へと昇華させている。淡い映りも上がった地鉄は、古来より踏襲された月山肌の完成形を見る。帽子は沸づいて尖り気味に返り、総体的に健全そのもの。茎は生ぶで化粧鑢目も残り、子の貞勝が銘を切っている。上々作。保存刀剣鑑定書附。

日本刀・月山貞一1 JAPANESE SWORD by www.tokka.biz 日本刀・月山貞一2 JAPANESE SWORD by www.tokka.biz 日本刀・月山貞一3 JAPANESE SWORD by www.tokka.biz 日本刀・月山貞一4 JAPANESE SWORD by www.tokka.biz 日本刀・月山貞一5 JAPANESE SWORD by www.tokka.biz 日本刀・月山貞一6 JAPANESE SWORD by www.tokka.biz 日本刀・月山貞一7 JAPANESE SWORD by www.tokka.biz 日本刀・月山貞一8 JAPANESE SWORD by www.tokka.biz 日本刀・月山貞一9 JAPANESE SWORD by www.tokka.biz 日本刀・月山貞一10 JAPANESE SWORD by www.tokka.biz 日本刀・月山貞一11 JAPANESE SWORD by www.tokka.biz 日本刀・月山貞一12 JAPANESE SWORD by www.tokka.biz 日本刀・月山貞一13 JAPANESE SWORD by www.tokka.biz 日本刀・月山貞一14 JAPANESE SWORD by www.tokka.biz 日本刀・月山貞一15 JAPANESE SWORD by www.tokka.biz

日本刀 商品一覧のページに戻る ≫