日本刀|十拳|HOME » 日本刀 一覧 » / 無銘(長船重真)  » ご注文方法 » 店舗案内・地図

日本刀  ¤  刀  ¤  無銘 備前長船重真  ¤ 

無銘 長船重真

Katana /
Mumei(Osafune Shigezane)

長さ / cutting edge
67.2cm
反り / sori
2.2cm
目釘穴 / mekugi
2個
元幅
3.25cm
先幅
2.35cm
元重
0.75cm
時代
古刀 南北朝 建武頃(1334年)
period
nanbokucho (1334)
備前(岡山県)
country
bizen
刃文
直調逆丁子
hamon
sugu saka choji
地鉄
板目に杢目
jigane
itame ni mokume
帽子
掃掛け
boshi
hakikake
はばき
金着一重
habaki
gold foil single
外装
黒石目地鞘龍図拵・白鞘
mounting
koshirae & shirasaya
鑑定
(財)日本美術刀剣保存協会 保存刀剣鑑定書附
Certificate
[N.B.T.H.K] hozon
正価
売却済
price
Sold

後醍醐天皇の討幕により建武の中興に成功したかと思えたが、その後次々と新政の問題が発生。南北両朝に分断されての戦乱は60年以上続き、その動乱は日本刀にも大きな変化をあたえた。鎌倉期の優美な姿から一転、身幅広く豪壮な大刀へと変化を遂げた南北朝期の太刀。備前鍛冶は敏感にその流れ沿った刀を造り出していった。 本作、備前長船重真は元重の弟で、景光の弟子。鎌倉末期から南北朝に掛けての刀工で、南北朝然とした身幅のある姿に棒樋を掻いて体配を引き締めている。直調の刃文に逆掛かった小足が入り、一見景光の刃文をみるようだが小足の間隔は広めで重真の特徴がよく出ている。地鉄は詰んだ板目に杢目が交じり、はばき元は多少大板目肌が出ている。総体的に出来よく豪壮で、とても600年の年月を感じさせない優刀。附属の拵も鉄地龍図で揃えて飾り映えする。上作・良業物刀工。保存刀剣鑑定書附。

日本刀・画像・長船重真・拵 日本刀・画像・長船重真・刀身 日本刀・画像・長船重真・茎 日本刀・画像・長船重真・ハバキ元 表 日本刀・画像・長船重真・ハバキ元 裏 日本刀・画像・長船重真・刀身中央 表 日本刀・画像・長船重真・刀身中央 裏 日本刀・画像・長船重真・切先 表 日本刀・画像・長船重真・切先 裏 日本刀・画像・長船重真・刃文 日本刀・画像・長船重真・刀身全体 日本刀・画像・長船重真・柄前 日本刀・画像・長船重真・縁頭 目貫 鐔 日本刀・画像・長船重真・白鞘

日本刀 商品一覧のページに戻る ≫