日本刀|十拳|HOME »日本刀 一覧 » / 無銘 尻懸  »ご注文方法 »店舗案内・地図

日本刀  ¤ 刀  ¤ 無銘 尻懸

無銘 尻懸

Kanata /  Mumei Shikkake

長さ / cutting edge
69.2cm
反り / sori
2.0cm
目釘穴 / mekugi
3中2埋
元幅
2.9cm
先幅
2.1cm
元重
0.65cm
時代
古刀 鎌倉後期―南北朝(約700年前)
period
late Kamakura-Nanbokucho (700 years ago)
大和(奈良県)
country
yamato
刃文
直刃に小互の目
hamon
suguha ni kogunome
地鉄
小板目
jigane
ko-itame
帽子
掃掛け
boshi
hakikake
はばき
金鍍金一重
habaki
gold plated single
外装
青貝散らし鞘貝図金工拵・白鞘
mounting
koshirae and shirasaya
鑑定
日本美術刀剣保存協会 特別保存刀剣鑑定書附
Certificate
[N.B.T.H.K] tokubetsu hozon
正価
1,000,000円
price
1,000,000-JPY

ご注文・ご質問はこちらから ≫

奈良東大寺を中心に栄えた、千手院(せんじゅいん)・手掻(てがい)・尻懸(しっかけ)・当麻(たいま)・保昌(ほうしょう)を大和五派と言い、当初は僧兵のために造られた質実剛健な刀工群。平安後期頃から大和の諸寺院の勢力が増したため、大寺院の門下に付随して栄えた。尻懸派は鎌倉後期頃の則長を祖として活躍し、南北朝期に全盛を迎えている。
本作は反り深く身幅尋常で鎬の高い掟通りの大和尻懸。直刃に小互の目などの乱れ刃を交えた刃文が尻懸らしく、小沸が繊細に付いて所々小足が入る。小板目肌は練れて地景が表れ、全体が良く詰んで綺麗だが極小さなふくれがある。小切先の帽子は古さを感じさせ、焼きは深めで掃掛けて返り、刃中には稲妻など複雑に絡み働き盛ん。時代を考えると研ぎ減りは少なく、室町期の磨上ながら寸も十分残っている。 付属の拵は豪華な造りで、鞘は貝をみっしりと散らした発色のよい青貝散らし。細身の柄前は新調され鉄紺色の柄巻で鞘色に合う。鉄地貝尽くしの鍔に赤銅七々子地の縁頭も貝の図。目貫は藤に七曜でまとめている。特別保存刀剣鑑定附。

尻懸 刀剣 日本刀の画像1 尻懸 刀剣 日本刀の画像2 尻懸 刀剣 日本刀の画像3 尻懸 刀剣 日本刀の画像4 尻懸 刀剣 日本刀の画像5 尻懸 刀剣 日本刀の画像6 尻懸 刀剣 日本刀の画像7 尻懸 刀剣 日本刀の画像8 尻懸 刀剣 日本刀の画像9 尻懸 刀剣 日本刀の画像10 尻懸 刀剣 日本刀の画像11 尻懸 刀剣 日本刀の画像12 尻懸 刀剣 日本刀の画像13 尻懸 刀剣 日本刀の画像14 尻懸 刀剣 日本刀の画像15 尻懸 刀剣 日本刀の画像16 尻懸 刀剣 日本刀の画像17

日本刀 商品一覧のページに戻る ≫