HOME > 日本刀一覧 > 過去に掲載された日本刀 > /無銘 尻懸

日本刀・刀・無銘 尻懸 - Mumei Shikkake - 

銘/無銘 尻懸 

Katana / Mumei Shikkake

長さ
73.2cm
length
反り
1.5cm
sori
目釘穴
2個
mekugi
元幅
2.85cm
先幅
2.1cm
元重
0.7cm
時代
古刀 鎌倉後期~南北朝(約670年前)
period
rate kamatakura-nanbokucho(670 years ago)
大和(奈良県)
country
yamato
刃文
直刃
hamon
sugu ha
地鉄
柾目に板目
jigane
masame ni itame
帽子
掃掛けて返る
boshi
hakikake te kaeru
はばき
金鍍金一重
habaki
gold plate single
外装
白鞘
mounting
shirasaya
鑑定
(財)日本美術刀剣保存協会 特別保存刀剣鑑定書
Certificate
[N.B.T.H.K] tokubetsu hozon
正価
売却済
price
Sold -

呼称の尻懸(しっかけ)とは奈良東大寺の裏にある地名で、その地で鍛刀していた一派を大和尻懸派と言う。鎌倉中期から寺院のお抱え工となり、おもに僧兵へと納品されていた。現存する刀は殆どが無銘で在銘は極僅か。本作、鎌倉後期~南北朝頃で、今から約670年前。尻懸の特徴が良く表れた一振。尻懸地鉄と呼ばれる板目が流れた柾目肌が顕著。匂い出来の直刃は様々な働きが表れ、二重刃や喰い違い刃、長い金筋交じって見どころ多い。帽子は焼き深く、掃掛けて返る。若干疲れも見られるが、今も2尺4寸強の長さを保っているのは貴重。一見、華やかさのない質実な印象を持つ大和伝も、地刃の繊細な働きは見飽きない。特別保存刀剣鑑定書附。



HOME >
販売品   日本刀刀剣商品一覧刀装具商品一覧日本刀刀剣書籍一覧用ショーケース
ご購入に関して   店舗案内・お問い合せご注文方法For Oversea Customers
十拳おすすめ   刀剣諸工作について日本刀無料カタログ請求日本刀豆知識
エトセトラ   リンク集サイトマップ

ページ上部へ戻る