日本刀|十拳|HOME » 日本刀 一覧 » / 無銘(尻懸)  » ご注文方法 » 店舗案内・地図

日本刀  ¤  刀  ¤  無銘(尻懸)  ¤  mumei Shikkake  ¤

無銘(尻懸)

Katana / Mumei(Shikkake)

長さ / cutting edge
70.8cm
反り / sori
1.4cm
目釘穴 / mekugi
2個
元幅
3.1cm
先幅
2.1cm
元重
0.75cm
時代
古刀 鎌倉後期~南北朝(約680年前)
period
late kamakura (680 years ago)
大和(奈良県)
country
yamato
刃文
直刃
hamon
sugu ha
地鉄
板目に杢目
jigane
itame ni mokume
帽子
掃掛け
boshi
hakikake
はばき
金着二重
habaki
gold foil double
外装
白鞘・古白鞘(寒山鞘書)
mounting
shirasaya & kanzan sayagaki shirasaya
鑑定
(財)日本美術刀剣保存協会 特別保存刀剣鑑定書附
Certificate
[N.B.T.H.K] tokubetsu hozon
正価
売却済
price
sold

大和五派の一つ尻懸は東大寺の裏手で栄えた刀工群。鎌倉中期頃、則弘がこの地に移住し作刀を始めるが現存する則弘の作はなく、実質には則長を祖としている。現存する太刀は殆どが無銘で則長と銘あるものは極僅か。お抱え主に納めるため敢えて銘を入れる必要がなかった事がその大きな要因と云われている。本作も磨上ながら2尺3寸以上の長さを保ち、元幅・重ねも残って健全。板目に杢目が交じった地鉄はとても練れ、柔らかみのある肌目は見飽きない。匂い出来の直刃ながらよく見れば繊細に二重刃掛かり、細かな小足も働いて古刀ならではの動きがある。帽子は掃掛けて太い沸筋が走り、全体に尻懸の特徴が表れている。僅かに鞘ひけがあるものの錆などはなく、このままで十分楽しめる。佐藤寒山により「尻懸則長」と鞘書された古白鞘に入っていたが傷みがあり、白鞘とつなぎを新調済み。特別保存刀剣鑑定書附。

日本刀・画像・尻懸・寒山鞘書 日本刀・画像・尻懸・白鞘 日本刀・画像・尻懸・刀身全体・表 日本刀・画像・尻懸・刀身全体・裏 日本刀・画像・尻懸・茎 日本刀・画像・尻懸・ハバキ上 日本刀・画像・尻懸・刀身 日本刀・画像・尻懸・切先 日本刀・画像・尻懸・刀身・裏 日本刀・画像・尻懸・切先・裏 日本刀・画像・尻懸・地鉄 日本刀・画像・尻懸・板目に杢目 日本刀・画像・尻懸・刃文

日本刀・刀剣 一覧のページへ戻る