日本刀|十拳|HOME »日本刀 一覧 » 脇差 / 無銘 尻懸  »ご注文方法 »店舗案内・地図

日本刀  ¤ 脇差  ¤ 無銘 尻懸

無銘 尻懸

Wakizashi
Mumei Shikkake

長さ / cutting edge
53.6cm
反り / sori
1.5cm
目釘穴 / mekugi
3個
元幅
2.8cm
先幅
2.3cm
元重
0.7cm
時代
鎌倉後期~南北朝期(約680年前)
period
late kamakura-nanbokucho (680 years ago)
大和(奈良県)
country
yamato
刃文
小丁子乱れ
hamon
kochoji midare
地鉄
板目に柾目
jigane
itame and mokume
帽子
焼詰
boshi
yakizume
はばき
金着一重
habaki
gold foil single
外装
黒石目地鞘金工拵
mounting
koshirae
鑑定
日本美術刀剣保存協会 保存刀剣鑑定書附
Certificate
[N.B.T.H.K] hozon
正価
売却済
price
Sold

ご注文・ご質問はこちらから ≫

大和の尻懸(しっかけ)は則長を祖とした一派の総称。奈良東大寺の裏手にあった尻懸という地名が、この派の呼称になったと云われている。この時代の大和鍛冶は僧兵の需に応じて鍛刀するため寺院の盛衰と運命を共にすることとなり、寺院の力が弱まった室町期に入ると多くの大和鍛冶は諸国へ分散していく。尚、東大寺の西門に住していたのが手掻派の鍛冶。
本作は綺麗な鳥居反りがやや深く、棒樋を掻き通して手持ちはとても軽い。淡い小足が無数に入った小丁子刃文が古さを感じ、刃中には金筋や砂流しが働いて繊細な動き。板目に柾目肌が交じる地鉄は地景が入ってよく練れて、刀身中央に小さな朽ち込みがあるが他は総体的に健全。古研ぎながら錆気はなくこのままで十分で、古刀ならではの古雅な地刃を堪能できる。時代物らしい細身の拵は石目地と磨きで段刻みを表した鞘が洒落ていて、黒笹浪の柄巻と相俟って品がある。金具もみな上品で飾り映えする。白鞘なし。保存刀剣鑑定書附。

尻懸1 JAPANESE SWORD by www.tokka.biz 尻懸2 JAPANESE SWORD by www.tokka.biz 尻懸3 JAPANESE SWORD by www.tokka.biz 尻懸4 JAPANESE SWORD by www.tokka.biz 尻懸5 JAPANESE SWORD by www.tokka.biz 尻懸6 JAPANESE SWORD by www.tokka.biz 尻懸7 JAPANESE SWORD by www.tokka.biz 尻懸8 JAPANESE SWORD by www.tokka.biz 尻懸9 JAPANESE SWORD by www.tokka.biz 尻懸10 JAPANESE SWORD by www.tokka.biz 尻懸11 JAPANESE SWORD by www.tokka.biz 尻懸12 JAPANESE SWORD by www.tokka.biz 尻懸13 JAPANESE SWORD by www.tokka.biz 尻懸14 JAPANESE SWORD by www.tokka.biz 尻懸15 JAPANESE SWORD by www.tokka.biz 尻懸16 JAPANESE SWORD by www.tokka.biz 尻懸17 JAPANESE SWORD by www.tokka.biz 尻懸18 JAPANESE SWORD by www.tokka.biz 尻懸19 JAPANESE SWORD by www.tokka.biz

日本刀 商品一覧のページに戻る ≫