" 日本刀・総州佐倉臣細川忠義|日本刀・刀剣販売の十拳

HOME > 日本刀一覧 > 過去に掲載された日本刀 > /総州佐倉臣細川忠義

日本刀・刀・総州佐倉臣細川忠義 - Japanese Sword TADAYOSHI -

表銘/総州佐倉臣細川忠義 同義則造之 裏銘/慶応四年二月日

Signature / Soshu sakura omi Hosokawa Tadayoshi do Yoshinori

長さ
66.8cm
反り
0.8cm
目釘穴
2個
元幅
3.2cm
先幅
2.4cm
元重
0.7cm
時代
新々刀 江戸後期 慶応四年(1868年)
下総(千葉県)
刃文
湾れに小足
地鉄
板目に柾目交じる
帽子
小丸
区送り
はばき
金着一重
外装
白鞘
鑑定
(財)日本美術刀剣保存協会 保存刀剣鑑定書附
藤代鑑定書 「城下町佐倉の名刀展」出品作
正価
売却済

忠義は二代細川正義の次男。義則は子で親子合作を果たす。作州津山藩工(現岡山県津山市)を務め、嘉永三年(1850年)から下総佐倉藩工(現千葉県佐倉市)となる。また子の義則も父の後を継ぎ佐倉藩工となっている。細川正義は直胤と共に水心子正秀門下の双璧と呼ばれた名匠で、この時代を代表する一人。正義は初二代共に津山藩主松平侯に仕えている。本作は湾れ刃文に小足が無数に働いて、落ち着きのある一振。地鉄は板目に柾肌が流れ、正義伝と呼べるもの。切先は大きめで小丸に返り、稲妻走って健全な佇まい。1寸程区送りしているが茎尻は生ぶで、典型的な合作銘のタガネはしっかりとしている。平成16年6月に佐倉市立美術館に於いて「城下町佐倉の名刀展」が開催された。本作はその出品刀で、郷土ゆかりの名刀として展示、図版された。保存刀剣鑑定書と故人間国宝、藤代松雄鑑定書の二部附。もちろん記載の書籍も付属。



図版の写真は仕上げ研ぎ前(化粧研ぎ前)に撮影しています。そのため、上記の写真とは印象が異なっています。

過去に掲載された日本刀一覧へ戻る


HOME >
販売品   日本刀刀剣商品一覧刀装具商品一覧日本刀刀剣書籍一覧用ショーケース
ご購入に関して   店舗案内・お問い合せご注文方法For Oversea Customers
十拳おすすめ   刀剣諸工作について日本刀無料カタログ請求日本刀豆知識
エトセトラ   リンク集サイトマップ

ページ上部へ戻る