" 日本刀・備前守源祐国|日本刀・刀剣販売の十拳

HOME > 日本刀一覧 > 過去に掲載された日本刀 > /備前守源祐国

日本刀・刀・備前守源祐国 - Japanese Sword SUKEKUNI -

銘/備前守源祐国

Signature / Bizen-no-kami minamoto Sukekuni

長さ
68.8cm
反り
1.2cm
目釘穴
1個
元幅
3.05cm
先幅
2.1cm
元重
0.7cm
時代
新刀 寛文頃(1661年)
摂津(大阪)
刃文
濤瀾刃風互の目乱れ
地鉄
小板目
帽子
小丸
生ぶ
はばき
金銀二重(上蓋金・下蓋銀唐草)
外装
渡辺星紋打刀拵・白鞘
鑑定
(財)日本美術刀剣保存協会 保存刀剣鑑定書附
正価
売却済

安定した人気を誇る石堂一派の祐国。紀州石堂一派は一文字風の華やかな丁子刃を得意とした刀工群。祐国は元々この一族で、紀州より大阪に移住してからは助廣の濤瀾刃に影響を受け、その華やかな作柄と、大阪物では珍しい「業物」として人気を得た。天下太平のこの時期、焼き幅高く、縦横無尽に乱れた刃文は全国的に需要高く、また、その影響で刀鍛冶の多くが集まった「大阪新刀」の最盛期でもある。本作、濤瀾風互の目乱れ刃文は焼き幅高く、沸厚く付いて典型的な祐国の作。地鉄は掟通り良く詰み、澄みきった清涼な鍛え。また、疵気もほとんど無い。茎はもちろん生ぶのままで、深々と切った鏨も自信たっぷり。健全な姿は見ていても気持ちがよい。立派な打刀拵は三つ星に一文字紋、別名「渡辺星」を赤銅七々子地に金象嵌にて描いた縁頭は明らかな注文物。赤銅梅図目貫に鉄地透かし鍔で形を整え、黒変わり塗り鞘に納まる。研ぎ上がり、金銀二重はばき、別途白鞘入り。


過去に掲載された日本刀一覧へ戻る


HOME >
販売品   日本刀刀剣商品一覧刀装具商品一覧日本刀刀剣書籍一覧用ショーケース
ご購入に関して   店舗案内・お問い合せご注文方法For Oversea Customers
十拳おすすめ   刀剣諸工作について日本刀無料カタログ請求日本刀豆知識
エトセトラ   リンク集サイトマップ

ページ上部へ戻る