日本刀|十拳|HOME »日本刀 一覧 » 脇差 / 備前守源祐国  »ご注文方法 »店舗案内・地図

日本刀  ¤ 脇差  ¤ 備前守源祐国  ¤ 業物

備前守源祐国

Wakizashi /  Bizen no kami minamoto Sukekuni

長さ / cutting edge
54.2cm
反り / sori
1.8cm
目釘穴 / mekugi
1個
元幅
3.15cm
先幅
2.25cm
元重
0.7cm
時代
江戸初期 寛文頃(1661年)
period
early edo (1661)
摂津(大阪府)
country
settsu
刃文
互の目丁子
hamon
gunome choji
地鉄
小板目
jigane
ko-itame
帽子
掃掛けて小丸
boshi
hakikakete komaru
はばき
銀着一重
habaki
silver foil single
外装
黒叩き塗り鞘金工拵・白鞘
mounting
koshirae and shirasaya
鑑定
日本美術刀剣保存協会 保存刀剣鑑定書附
Certificate
[N.B.T.H.K] hozon
正価
売却済
price
Sold

ご注文・ご質問はこちらから ≫

祐国は紀州石堂派の刀工。石堂派は当時では珍しい一文字風の備前伝を取り入れ、古作な備前物と見紛う程の造りで一躍人気に。大阪や江戸、福岡に移住して各地で活躍している。初めは紀州住祐国、のちに備前守を受領して花房備前守祐国と銘し、作域は広く当時流行りの濤乱刃や大乱れなども焼いている。
本作は一尺八寸弱と脇差ながらたっぷりとした長さで、反りは六分もあり姿が良い。華やかな互の目丁子刃文は沸厚くついて足がよく入り、刃中には砂流し風の沸筋が強く表れて独特な働きを見せる。地鉄は詰んだ小板目肌が清涼で、疵気もなく健全。茎は生ぶで錆色も良く、総体的に欠点はない。付属の拵は艶のある黒叩き塗り鞘に鉄紺の柄糸で仕上げ、金具はすべて赤銅地で鍔は片切り彫りの柳図、縁頭は鷹、目貫はリスの図。鮫皮に補修痕があるも柄糸はしっかりとしていて状態は良好。保存刀剣鑑定書附。

備前守源祐国 刀剣 日本刀の画像1 備前守源祐国 刀剣 日本刀の画像2 備前守源祐国 刀剣 日本刀の画像3 備前守源祐国 刀剣 日本刀の画像4 備前守源祐国 刀剣 日本刀の画像5 備前守源祐国 刀剣 日本刀の画像6 備前守源祐国 刀剣 日本刀の画像7 備前守源祐国 刀剣 日本刀の画像8 備前守源祐国 刀剣 日本刀の画像9 備前守源祐国 刀剣 日本刀の画像10 備前守源祐国 刀剣 日本刀の画像11 備前守源祐国 刀剣 日本刀の画像12 備前守源祐国 刀剣 日本刀の画像13 備前守源祐国 刀剣 日本刀の画像14 備前守源祐国 刀剣 日本刀の画像15 備前守源祐国 刀剣 日本刀の画像16

日本刀 商品一覧のページに戻る ≫