日本刀|十拳|HOME »日本刀 一覧 » 短刀 / 祐宗  »ご注文方法 »店舗案内・地図

日本刀  ¤ 短刀  ¤ 祐宗  ¤ 螺鈿蒔絵合口拵

祐宗

Tanto /  Sukemune

長さ / cutting edge
20.4cm
反り / sori
--cm
目釘穴 / mekugi
1個
元幅
2.25cm
先幅
1.7cm
元重
0.7cm
時代
江戸後期 文久頃(1851年)
period
late edo (1851)
備前(岡山県)
country
bizen
刃文
互の目乱れ
hamon
gunome midare
地鉄
小板目
jigane
ko-itame
帽子
小丸
boshi
komaru
はばき
銀無垢二重
habaki
solid silver double
外装
螺鈿蒔絵合口拵・白鞘
mounting
koshirae and shirasaya
鑑定
日本美術刀剣保存協会 保存刀剣鑑定書附
Certificate
[N.B.T.H.K] hozon token
正価
450,000円
price
450,000-JPY

ご注文・ご質問はこちらから ≫

華麗な合口拵が目を引く横山祐宗。黒々とした赤銅金具は小柄・笄は鶴丸図で、ほかは全て紋の一作造り。違い隅切角紋と隅切角違い鷹の羽紋を組み合わせ、周りに唐草を描いた凝ったもの。黒呂鞘には貝を抜き出す卓越した技術を使って、表に三個、裏に二個の鳳凰の螺鈿蒔絵。見る角度によってキラリと虹色に輝き、豪華な仕上がりを見せる。
刀身は江戸後期文久頃の備前長船刀工で、横山祐定系の鍛冶。備前横山祐包と同じ友成五十八代孫を名乗っている。本作は小振りな平造り短刀で、互の目乱れ刃文は匂口締まって備前ものらしい。地鉄は詰んだ小板目肌で、帽子は小丸。生ぶ茎には二字銘ながらその特徴ある鏨は横山祐宗で間違いはなく、鑑定書にも横山と記載されている。保存刀剣鑑定書附。

祐宗 刀剣 日本刀の画像1 祐宗 刀剣 日本刀の画像2 祐宗 刀剣 日本刀の画像3 祐宗 刀剣 日本刀の画像4 祐宗 刀剣 日本刀の画像5 祐宗 刀剣 日本刀の画像6 祐宗 刀剣 日本刀の画像7 祐宗 刀剣 日本刀の画像8 祐宗 刀剣 日本刀の画像9 祐宗 刀剣 日本刀の画像10 祐宗 刀剣 日本刀の画像11 祐宗 刀剣 日本刀の画像12 祐宗 刀剣 日本刀の画像13 祐宗 刀剣 日本刀の画像14 祐宗 刀剣 日本刀の画像15 祐宗 刀剣 日本刀の画像16

日本刀 商品一覧のページに戻る ≫